昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「いい大学に行きたい」

――琉ちゃろ君は今もジャニーズを目指しているんですか?

ちいめろ 小学校4年生くらいまでは目指してるみたいだったんですけど、だんだんと「ジャニーズになりたい」とは言わなくなりましたね。今では「いい大学に行きたい」って言ってます(笑)。びっくりですよね。大学のために勉強もちゃんとしているみたいです。

小学校卒業式の琉ちゃろくん

――勉強は本人が自主的にしているんですか?

ちいめろ 勉強ができれば将来の選択肢が広がると思っているので、小さい頃から「勉強は大事だよ」って言っていました。それもあって家では自主的に勉強しています。もしジャニーズになることが夢じゃなくなっても勉強をしっかりしておけばなんでも目指せるじゃないですか。小学1年生から家庭用のドリルを買って、宿題とは別に自習をしています。今ではそれが習慣になっています。雑学も好きでよくちいの知らないことを教えてくれたりしますね。

――たしかにネットでも琉ちゃろくんがしっかりしていると話題になっていましたよね。

ちいめろ そう言ってもらえるのはすごく嬉しいです。ちいは見た目が派手じゃないですか。よく世間からは「ギャルママ」(自分のことを「ギャルママ」とは思っていないけど…)って言われるんです。「ギャルママってちゃんと教育できるの?」と言われたりして、すごく悔しかったです。世間では見た目が派手だと子供に悪影響だと思われていて、みんなよくいる「お母さん」でいなきゃいけないじゃないですか。でもちいは自分のしたい格好やメイクをするのが一番いいと思っているので、「見た目が派手でもしっかり子育てできるんだ」って思って欲しくて、人一倍勉強、礼儀、マナーのことは気をつけています。最近はコメントでも二人のことをすごくいい子だって言ってくれて、安心しました。昔いろいろ心配していた人たちに今の子供たちの姿を見せたいですね(笑)。

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー