昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

 そして婚約を決めてからも、2人の関係が改善することはなかった。

「Aは束縛癖が強くて、長沢さんに対してもスマホのGPSで位置情報を把握できるようにしているようです。さらに帰りが遅いと激昂するようで、喧嘩が絶えません。そのモラハラぶりを知った長沢さんの親は、Aとの結婚に反対しているようです。今も2人の関係は続いていますが、結婚はいったん棚上げになっているのだと思います」(同前)

少し距離を開けて自宅マンションへ入っていく長沢とA氏 Ⓒ文藝春秋/撮影・細田忠

 取材班は5月27日の20時頃、2人が連れだって歩いている場面を目撃している。グレーのTシャツにベージュの短パンという普段着姿のA氏と、白いジャケットにチェック柄のロングスカートを着た長沢が数メートルの距離を保って同居するマンションに一緒に入っていった。

長沢を直撃すると…

 5月26日18時頃、現在の2人の状況を確認するべくネイルサロンを出た長沢に声をかけた。最初こそ戸惑っていたものの、立ち止まって和やかな表情で直撃に応えた。

©️文藝春秋/撮影・宮崎慎之輔

——長沢さん、文春オンラインです。昨年の8月に入籍するという報告をされていましたが、その後いかがでしょう。

「いま事務所に入る契約をしている最中で、話さないと多分何も言えないので」

——まだ入籍はされていないという話をお聞きしました。

「……(小さく頷く)」

©️文藝春秋/撮影・宮崎慎之輔

——Aさんとの関係は順調なのですか?

「ここでその話は……」

©️文藝春秋/撮影・宮崎慎之輔

——まだ一緒には住んでいるのですか?

「何も言えないです」

 そう言うと、長沢は一礼して去っていった。

©️文藝春秋/撮影・宮崎慎之輔

 取材班は5月28日にA氏にも声をかけたが、「(長沢の)事務所にお任せしています」と言い残して歩き去っていった。

 ファンが途方に暮れた突然の“交際・入籍宣言”から1年。それでも応援を続けているファンに向けて、長沢は今後どんな言葉をかけるのだろうか。

 5月29日(土)21時より放送の「文春オンラインTV」では、担当記者が坂道グループの現状や、直撃取材の舞台ウラなどについて詳しく解説します。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(98枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー