昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「束縛癖が強くてGPSで…」元欅坂46長沢菜々香(24)がIT社長との結婚を延期中のワケ《入籍宣言から1年》

genre : エンタメ, 芸能

 2020年6月、「文春オンライン」では元欅坂46の長沢菜々香(24)と婚活サイトを運営する若手IT起業家A氏との半同棲生活を報じた。長沢は報道の直後にSNSで交際を認め、2020年8月に結婚することを次のように発表した。

《私ごとで恐縮ではございますが、週刊誌より報道がありました通り 私、長沢菜々香は一般男性と結婚を前提にお付き合いさせて頂いております。彼とは以前より知り合いではありましたが卒業後に交際を始め、婚約させて頂いており8月には入籍する予定です》

 突然の“交際&婚約宣言”から間もなく1年。長沢はTwitterのフォロワーは10万人を超え、個人ファンクラブでオンラインイベントを開催したりデジタル写真集も発売予定など活発に活動している。YouTubeやファンクラブのブログも頻繁に更新しているが、いまだ結婚の報告は聞こえてこない。A氏との関係はどうなっているのだろうか。

長沢菜々香 ©️文藝春秋/撮影・細田忠

「欅坂は完全に崩壊していました」

 長沢が欅坂46(現・櫻坂46)を卒業したのは、2020年3月31日。グループの絶対的センターだった平手友梨奈(19)や鈴本美愉(23)、織田奈那(22)が脱退・卒業した1月23日のわずか2カ月後のことだった。欅坂46の事務所関係者は、当時のグループの混乱ぶりをこう語る。

「あの時期、欅坂の統率は完全に崩壊していました。2018年に今泉佑唯(22)がいじめ問題で卒業、2019年には長濱ねる(22)がバンドマンとの交際が運営にバレて卒業。そして2020年には全シングルでセンターだった平手が脱退。2019年頃から平手が活動を休みがちになると、平手一強だったグループは機能不全に陥りました。その反動で、ホストとの自宅デートを報じられた石森虹花(24)など、恋愛に走るメンバーも多く、長沢はその1人でした」

 長沢は2020年の3月いっぱいで欅坂46を卒業すると、すぐに個人SNSや月額550円のファンクラブサイトを設立して芸能活動を再開。欅坂時代より明るいキャラクターを前面に出すようになり笑顔も増え、ユーチューブのスーパーチャットも盛況という順調な滑り出しだった。

 しかしその矢先の6月、長沢は結婚を発表することになる。ファンが困惑するのも当然だろう。