昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

悪役からラブシーンまで…“代表作のない俳優”だった田中圭(36)に出演オファーが殺到している理由

SYO

2021/06/12

 俳優活動20年以上を誇る実力派、田中圭(36)。『おっさんずラブ』『あなたの番です』といった社会現象化した作品で主演を張り、「ゴチになります!」等のバラエティでも魅力を放つ、多方面のエンターティナーだ。

 2021年には、なんと6本もの出演映画が公開される見込み。新型コロナウイルスの影響を受けて延期になった作品もあるが、それにしたって驚異的な本数だ。

 コロナ以前の2018年に3本、2019年に3本の映画が公開されたということを考えれば、単純計算で倍の活躍。それだけ彼の人気が増している事実は、疑いようがない。さらに、6月21日からは“月9”ドラマ『ナイト・ドクター』が放送され、今秋にはHuluオリジナルドラマ『死神さん』も配信予定と、正真正銘の「見ない日はない」を実践している。

 

イメージが固定化しない俳優

 ではなぜ、田中圭はここまで作品が途切れないのか? 一言で言えば人気と実力を兼ね備えているからなのだが、それは言葉でいうほど簡単なものではない。どちらかが秀でているのではなく、どちらも甲乙つけがたいほどに強力だからこそ、彼の元には自然と仕事が集まってくるのだろう。さらに、ほとんどの作品で主役か準主役を任されており、彼に寄せられている期待の大きさがうかがい知れる。

 映画やドラマは娯楽であり芸術でもあるが、同時に興行(ビジネス)でもある。「作品を面白くできて、数字も持っている」田中が必要とされないわけがないのだ。

6月21日から放送開始の月9「ナイト・ドクター」にも出演する(公式HPより)

 しかも、バラエティ番組の経験が豊富なため、番宣(番組宣伝)も安心して託すことができる。様々な意味で「頼れるリーダー」であることは間違いない。

 そして、田中のポテンシャルの高さを証明しているのが「イメージが固定化しない」というところ。役者には様々なタイプがいるが、田中はメジャー作品を中心に活動しながらも、作品ごとに全く異なるキャラクターを演じてきた。