昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「『死臭がしてきた』と言っておにぎりを…」“女帝の恋人”の異常性《太宰府ホスト漬け傷害致死事件》

太宰府ホスト漬け傷害致死事件 遺体を運んだ男性が告白 #3

genre : ニュース, 社会

 2019年9月下旬~10月20日ごろ、福岡県太宰府市で主婦・高畑瑠美さん(当時36)が太ももをナイフや割り箸で刺され、20日午前4時50分ごろまでに外傷性ショックで死亡した「太宰府主婦ホスト漬け傷害致死事件」。今年3月、山本美幸被告(42)と岸颯被告(25)が瑠美さんへの傷害致死や監禁、恐喝などの罪で有罪となり、それぞれ懲役22年と15年を福岡地裁で言い渡された。

 文春オンラインの取材に「瑠美さんの遺体を運んだ車に乗っていた」と明かすのは、山本被告との10年来の知人である男性Xさん(37)だ。

 10月20日午前5時過ぎ、瑠美さんの遺体を乗せた車は中洲の駐車場を出発し、太宰府市内のインターネットカフェの駐車場に到着するまで1時間あまりの“ドライブ”をしている。運転席に岸被告、助手席に山本被告、瑠美さんの遺体の横にXさんが座っていた。Xさんは「自分の身を守るため」に車内での会話を録音しており、それが裁判で重要な物証にもなった。

 Xさんが語る事件の真相はあまりにも衝撃的だ。瑠美さんの遺体を運んだ当日の会話、山本被告らの瑠美さんへの残忍な仕打ち、そして瑠美さんの前に“犠牲”になったとみられる「親方」と呼ばれた女性の存在——。

 山本被告と岸被告は、なぜここまでエスカレートしてしまったのだろうか。(全3回の3回目。#1から読む)

 

◆◆◆

交際関係にあった17歳差の山本被告と岸被告

 今年2月、福岡地裁の法廷に姿を現した山本被告と岸被告。共謀して瑠美さんを身体的、精神的に追い詰め、マインドコントロールしていた“共犯者”だが、法廷での被告人質問で山本被告は「暴行する岸被告に『そうゆうことはやめり』って何度も言った。岸被告が怖かった(ので止めきれなかった)」と主張。一方の岸被告も「(暴行したのは)当然山本被告です」などと発言し、罪を擦り付け合った。

 しかしながら、2人は交際関係にあったとされる。

 約20年前、山本被告は今年2月に実子2人を絞殺し、殺人罪で福岡地検から起訴されている田中涼二被告(41)と結婚していたことが判明しており、2人の間には成人した子供Bさんもいた。岸被告はBさんとも顔見知りであり、瑠美さんへの残忍な暴行を面白おかしくLINEで報告してもいる。

元夫・田中涼二被告(「FNNプライムオンライン」5月6日配信より)と山本被告

 2人は一体、どんな関係だったのだろうか。

 2019年2月頃、Xさんは山本被告から「彼氏」として岸被告を紹介されたという。