昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「青あざを通りこして血が滲み、汁が出る」“太宰府女帝”傷害致死 “普通の主婦”への暴行と恐喝の全容とは?

「太宰府“主婦ホスト漬け”傷害致死」裁判  #2

genre : ニュース, 社会

 普通の主婦が、ホスト通いで借金を背負わされ、度重なる暴行の末に2019年10月20日に死亡した「太宰府“主婦ホスト漬け”傷害致死事件」。

 今年3月、山本美幸被告(42)と交際相手の岸颯被告(25)が主婦・高畑瑠美さん(当時36)を精神的、身体的に抑圧し死亡させたとして、福岡地裁で傷害致死や監禁、恐喝などの罪で有罪となり、それぞれ懲役22年と15年を言い渡された。両被告は判決を不服として控訴し、現在は福岡高裁での控訴審を控えている。

ホストに囲まれる山本被告(左)と瑠美さん

 裁判で明らかになったのは、山本被告と岸被告による、瑠美さんへのマインドコントロールの詳細だ(「太宰府主婦ホスト漬け事件」裁判 #1)。山本被告は瑠美さんとは2008年ごろに知り合い、もともと恐喝行為をしていた瑠美さんの兄の借金を、瑠美さんに肩代わりさせて支払わせていた。2015年頃には、当時30代後半だった山本被告と交際関係にあった、17歳年下の岸被告も恐喝に加担する。

いびつな共同生活「同じ服を着せられ、ひどい悪臭が」

 2019年2~3月頃からは、山本被告が瑠美さんをホストクラブに連れて行き、支払いを建て替えることで瑠美さんの借金を増やしていった。2019年8月下旬には、山本、岸両被告の自宅に瑠美さんを住まわせ、ひとつ屋根の下でのいびつな共同生活が始まった。

瑠美さんが山本被告と岸被告と同居していたアパート ©文藝春秋

「瑠美さんは山本被告から、毎日のように食パン1袋とカップ焼きそばを無理矢理食べさせられ、急激に太っていきました。服も同じ服を着せられ、風呂にも入らせてもらえず、ひどい悪臭がしたそうです。口紅を目のまわりに塗るなど奇抜な化粧もさせられていた。ホストクラブで衆人環視のなか、瑠美さんに暴行することもあり、『人としての尊厳』を奪うことで、マインドコントロールを強めていったと見られています」(地元社会部記者)