昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

張本氏の「喝」が向かった先は…

 打者・大谷に称賛の声を送る張本氏だが、最後は張本節の「喝」も忘れない。

「大谷が(日本時間5月20日に)セーフティバントやったじゃないの。あんなことやる必要ないよ。やめなさい! ホームランバッターが率を稼いでどうするの。3割以上打って、ホームラン45本でホームラン王になる? そんなことできたら世界がひっくり返るわ。王(貞治)みたいにね、3割2分打ってホームラン55本というのがあるけどね、これは特別。今の大谷は打率2割7分台で3割には届いていないけど、それはホームランバッターの宿命だろ。それなら可能性のあるホームラン王ですよ。もっともっと打ってもらいたいわな、打てる。楽しみだ。

Ⓒ文藝春秋

 あの子は性格がよすぎるから、体力が消耗するセーフティバントとか、盗塁もする。でも、仮にチームのためだとしてもやめたほうがいい。オリンピックだって金メダルが勲章でしょう。野球選手はタイトルが勲章なんだから、やっぱりプロである以上はホームラン王にまっしぐらで向かってほしいわな。まだ何があるかわからないけど、今の活躍だったら“大あっぱれ”2つでしょう」

 球界のご意見番が“前言撤回”してまで認めた逸材。メジャーで記録を塗り替える日も近いのかもしれない。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(19枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー