昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/07/10

日韓カップルは“増加傾向” にある?

 ほかにも芸能界の日韓カップルは枚挙にいとまがない。現在も結婚生活が続いている主なカップルを挙げると、阿部美穂子(45)と元サッカー選手のチェ・ソンヨン(45)(2003年結婚)、歌手の谷ルミコ(41)と歌手キム・ジョンミン(52)(2006年結婚)、高木りな(42)と韓国Mnet所属(結婚当時)のTVディレクター(2013年結婚)、関根麻里(36)と歌手K(37)(2014年結婚)などがいる。

 1998年の日韓共同宣言、2002年サッカーW杯日韓共催、そして2003年からの韓流ブームといった流れにともなう人的交流の高まりが、こうした日韓カップルとして結実しているかのようだ。

 韓国では猛スピードで婚姻数が減少しているが、日韓の国際結婚は政治の冷え込みに反しておおむね一定の割合をキープしている。

 また厚生労働省「人口動態調査」によれば、日本人女性と韓国・朝鮮人男性の結婚は婚姻数の減少に反してここ数年増加傾向にある。2015年の1566件に対し、2019年は1764件となった(厚労省「人口動態調査」)。

「新婦は日本国籍の1993年生まれ…」イ・ジフンの結婚を報じた韓国メディア(「SBS芸能ニュース」2021年6月22日付)

 イ・ジフン夫人と同じ韓国で学ぶ日本人留学生も同様だ。円安が急速に進んだ2010年代前半には2013年の4344人から2015年の3414人まで減ったが、コロナ直前の2019年には4359人に盛り返した(韓国教育統計サービス:KESS※高等教育機関のみ)。

 歴史認識問題、領土問題、さらに輸出規制問題と、常に不和の絶えない日韓関係。だがそんな摩擦も、国民レベルや文化分野での活発な交流を妨げることはできないようだ。

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z