昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/07/18

genre : エンタメ, 芸能

 コロナ禍になってからは会えなくなったので、ちえみちゃんのブログを読んでよくLINEを送ってます。この前は、ちえみちゃんが「夏咲き娘」を歌う練習をしている動画をアップしていたので、懐かしくなって。「これすごくいい歌だよね。こんなに早口だった?」ってLINEしたら、「そうだよ!」って返事をくれたり。ちえみちゃんは、本当に頑張り屋さんですね。

──早見さんのブログに載っているお写真を拝見すると、82年組のみなさんは変わってないですね。石川秀美さんは結婚と同時に引退されましたけど、5人のお子さんがいるとは思えないほど若々しいです。 

早見優オフィシャルブログ「yu hayami official blog」、2017年8月9日の投稿より

早見 本当に、仕事はしていないですけど全然変わらないですね、秀美ちゃんは。10代の頃から母性愛にあふれていてすごくやさしかったんです。たとえば「賞レース」で、同期のみんなで舞台に立って大賞の発表を待っているときも、マネージャーさんから必ず「目立つ所に立ちなさい」って言われるんです。でも、秀美ちゃんは必ず一歩下がるんですよね。私はその様子を見て、「そこに立ったら照明が当たらないのに」と思ったりして。そんな性格なので、結婚して子どもを生んだらすっかりいいお母さんになって、私も子どものことでよく相談に乗ってもらいました。

──松本伊代さんや三田寛子さんはいかがですか。

早見 寛子ちゃんも伊代ちゃんも、アイドル時代からちょっと天然なところがあって、今も変わってないんですけど、全然違うタイプなんですよ。寛子ちゃんは、「こういうことがあったの……」っていう話をわかりやすく人に伝えるのがすごく上手。頭がいい人だなって思います。たとえば、「映画を観たの!」「どういう映画?」って聞くと、A41枚にまとめられるくらいポイントを短い物語のように伝えてくれるんです。でもときどき、一番大事な固有名詞を間違えたりするから笑っちゃうところがあって。伊代ちゃんはずっと変わらずマイペースで癒し系ですね。

 

早見 新井薫子ちゃんとも昨年久しぶりに会って、すごく楽しかったですね。渡辺めぐみちゃんもこの前、打ち合わせを兼ねて事務所に遊びに来てくれました。

早見優オフィシャルブログ「yu hayami official blog」、2021年3月23日の投稿より、渡辺めぐみさん(左)と

老いは誰もが通る道で「しょうがない」と受け入れる

──みなさん50代半ばですので、年齢に伴う身体の変化もご経験されているかと思います。早見さんは、そういったことをどう受けとめてきましたか。

早見 スーパーで買い物するとき、食品の成分表を必ずチェックするんですけど、ある日、「あれ? 見えない」ってなったときはイライラしましたね。でも老いっていうのは、誰もが通る道なのでしょうがないです。だから私は、そんなに高くない眼鏡をたくさん作って、家中のいろんなところに置いています。そうすると、「眼鏡がない、眼鏡がない!」って探さなくてすむから(笑)。あとは何でしょう? 白髪は出てきたら気になる人は染めればいいんですよ。最近は気にしない方もいらっしゃいますからね。