昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/07/17

SMAPに伝えていた「腐ったらダメ」

――番組の共演当時、プライベートでもSMAPのメンバーと交流があったそうですね。

森脇 中居くんとはプライベートでプロ野球の日本シリーズも見に行きました。東京ドームの巨人対西武、やったかな? 9回に屋鋪要がセンターライナーをダイビングキャッチした試合です。中居くんが巨人ファンで喜んでいたから、よく覚えてます(笑)。

SMAPの中居正広とは巨人戦に ©文藝春秋

 

 あと、目黒にある僕の自宅マンションにSMAPがきて、よく食事はしていましたね。メンバー全員で来るから、うちの奥さんがビビッてましたよ。みんなでスーパーに食材の買い出しに行くんですけど、SMAPは若くていっぱい食べるから安い肉にしてもらって、僕だけちょっといいお肉でワインとか飲んでた(笑)。終わると、奥さんが車を運転して、SMAPのメンバーを自宅に送っていました。

――森脇さんのご自宅で食事をしながら、SMAPを励ましたこともあるそうですね。

森脇 当時、ジャニーズの中でSMAPだけがデビューシングルで週間オリコンチャートの1位になれなくて、その後もなかなか日の目を見なかったんですよ。そんな中で、12枚目のシングル「Hey Hey おおきに毎度あり」を出すって時に、「ジャニーさんが1位獲れるって言うてはるから信用して頑張りや。腐ったらダメ」って言ったのは覚えてます。実際に、その曲で初めてトップになったんですよね。

 このエピソードは『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出た時に、中居くん本人にも話したんですけど「記憶にない」って言われました(笑)。その後の彼らは破竹の勢いで、新曲を出せば全部1位みたいな感じ。今振り返ると、すごい瞬間に立ち会ったんだなと思います。

現在の森脇さん(ラジオブースにて、所属事務所提供)

――1995年の『夢がMORI MORI』終了後、間もなく始まった『SMAP×SMAP』(フジテレビ系、1996~2016年)でSMAPは不動の人気を獲得します。一方、森脇さんはレギュラー番組がなくなって東京を去り、関西に戻ります。森脇さんは当時の状況を、どう感じていたんでしょうか?

森脇 SMAPの活躍はすごく嬉しかったですね。どんどんスターになっていきましたから。森口さんも、その後も相変わらず紅白歌合戦に出たりと活躍していた。一方、自分は仕事が激減して関西に戻るわけですけど、それでも当初は「地道にやってたら、もしかしたらもう一度東京で……」っていう淡い期待をもっていました。

 それから『夢MORI』メンバーとの共演はしばらくなかったんですけど、後に『SMAP×SMAP』や『ナカイの窓』に呼んでくれました。今年の元日も、『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)に森くん、草彅くん、香取くん、吾郎ちゃん、森口さんが出られて、僕も関西からリモート出演しました。ありがたいことです。今の自分があるのも、SMAPのみなさんのお陰ですよ(笑)。

#2に続く

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(15枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー