昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

石田ゆり子、江口のりこ、黒木華、浜辺美波…全世代女優がガチンコ対決!「好きな女優」2021アンケート結果発表

 次は昨今若手の台頭が目覚ましく、層の厚い「好きな女優」部門です。

 今回のランキングも若手からベテランまでが入り乱れる“混戦状態”。朝ドラ女優に視聴率女王、ひと癖ある個性派女優など、バラエティに富む面々がランクインしました。美貌だけでなくその確かな演技力が得票に繋がっているようです。果たして、熾烈な争いでランキングを上げた女優は一体だれなのでしょうか?

 アンケートは、6月4日から27日までの24日間にわたって実施され、10歳から92歳までの幅広い年齢層から、7580(男性37%、女性63%)の票が集まりました。

 それでは、「好きな男優」に引き続き、「好きな女優」部門をベスト50からみていきましょう。

49位 川口春奈(26)「可愛さと綺麗さがミックス」

「『麒麟がくる』を見るまでは、存じ上げませんでしたが、帰蝶役が可愛くて、綺麗で、演技も良かったです」(63・女性)

「可愛いさと綺麗さがバランスよくミックスされていて、コメディからシリアスまでいける女優さんなので」(51・女性)

「 『極主夫道』の美久のキャラクターに好感が持てた。これからの活躍に期待」(57・女性)

49位 伊藤沙莉(27)「ユニークな個性派で気になる」

49位 伊藤沙莉(公式ホームページより)

「若手の女優さんの中でも演技がうまい。コメディタッチなドラマも楽しいし、CMでの表情も親しみやすい」(52・女性)

「ユニークな個性派で、すごく気になる。独特の声を含めて個性にあふれ、演技だろうが、ナレーションだろうが彼女が加わることで作品が確実に変わる。今は脇役的な立ち位置だけど、作品や役との出会い次第では大きく化ける可能性もありと見た」(60・男性)

「『ひよっこ』の米子役でブレークしてからNHKのドラマで助演、主演を務め個性を開花させた。いつも笑顔で感じの良い女優」(64・男性)

48位 小池栄子(40)「姉御役がピッタリ」

「とにかくセリフのテンポの良さが際だつ。姉御役がピッタリ」(58・女性)

「グラビアで活躍されバラエティに引っ張りだこだったはずが今では女優さんとして引っ張りだこな程、ドラマや映画に出てらっしゃいますよね! 侮っておりました! と謝りたいです! これからも脇でキラリと輝く役や強烈なキャラクターで主役をくう姿に期待しています」(43・女性)

「『八月の蝉』の演技が素晴らしかった」(39・女性)