昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「若い時の久美そっくりと言われる。あんなに生意気だったのかと冷汗が…」 “2年前に日本国籍取得”の籾井あきがカギを握る日本の“組織バレー”

古賀紗理那の負傷に不安が残る日本女子バレー

2021/07/26

「先輩方から、若い時の久美そっくり、と言われるんですよ。私、あんなに生意気だったのかと今になって冷汗が出る…」

 そう言って苦笑いしながら相好を崩すのは、バレーボール女子日本代表監督の中田久美。オリンピックシーズンの今年、新人セッター・籾井あき(20)を選抜した理由を聞くと、真っ先に口にしたのがこんな言葉だった。

中田久美監督は「籾井が成長すれば日本の組織バレーは60%以上完成する」と語る ©aflo

 その時に「先輩って誰?」と尋ねなかったが、中田の若い頃を知っている人となると、おそらくモントリオール五輪の金メダリストたちか、ロサンゼルス五輪のメンバーだろう。

 中田は15歳で代表入りし、18歳で出場したロス五輪では銅メダルを獲得。現役時代は「天才セッター」の名をほしいままにしてきた。かつての日本女子バレーの栄光を知るメダリストたちが、その中田に籾井はよく似ているという。 

 そして中田はこうも言った。

「籾井が成長してくれれば日本の組織バレーは60%以上完成する」

 バレーの勝敗はセッター次第と言われる。特に日本のように、海外の強豪勢に比べ平均身長が10cm程度低い場合、身体能力の高さを生かした個人技に頼ることはできす、組織力や戦術の巧みさで戦うしかない。その生命線となるのが司令塔のセッターだ。