昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小室圭さん“皇族化”は「国民感情の点でハードルが高い」NY就職報道後の眞子さまに“変化”、守谷絢子さんは“おばあさま孝行”で…

2021/08/17

source : 文藝春秋

genre : ニュース, 社会

 前髪をさっぱりと短めにカットされ、涼やかな雰囲気の眞子さま。8月5日に新型コロナウイルスの1回目のワクチンを受けられたという。

8月5日、新型コロナワクチン接種のため宮内庁病院を訪れた後、皇居を出られる秋篠宮家の長女・眞子さま ©時事通信社

 しかし7月21日に秋篠宮ご夫妻と佳子さまが1回目のワクチン接種に臨まれた日、眞子さまはご勤務先へ出勤されたのか、ご家族とともに皇居には向かわれなかった。そのご様子を沿道から見かけた人は「眞子さまの御髪が少し乱れていて、お疲れがにじんでいるように感じられました」と話した。

「今後の生活の基盤をアメリカに置きたい」

 それから数日後の7月30日、眞子さまと婚約が内定している小室圭さんについて、NHKが「米の司法試験受験終了 ニューヨークで就職へ」とスクープしたのだった。小室さんは現地で就職する意向で、「これまでにニューヨーク州の法律事務所への就職の見通しも立ったということです。小室さんは、今後の生活の基盤をアメリカに置きたいと考えていて、引き続きニューヨークに滞在し、勉学と新たな生活への準備を進めることにしています」(NHK)という。

2017年9月3日、婚約内定記者会見での眞子さまと小室圭さん ©JMPA

 続いて「米国で就職する方向」(読売新聞)、「米ニューヨーク州の法律事務所への就職を検討」(毎日新聞)などと報じられたが、詳細についてはまだ明らかになっていないようだ。

 冒頭の眞子さまのご表情はマスクでうかがい知ることができなかったが、小室さんのニューヨークでの就職について報じられたことで、心境の変化がおありだったのだろうか。