昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/08/08

genre : ライフ, , 娯楽

右を向いても左を向いても「豪奢」の一言

 高さ6mの窓ガラスから田辺湾が一望できるラウンジで、ウェルカムドリンクをいただく。シャンデリアはベネチアンガラス、足元にはここにもモザイクタイルが敷き詰められている。

明るく広々としたラウンジ

 壁面はフランスの職人が施工した、フランス産ライムストーンの壁。

 その壁にはシリアで発見された、2世紀頃のビザンチンモザイク画がはめ込まれている。

シリアで発見された2世紀頃のビザンチンモザイク画

 エレベーターの扉が開くと、ブラジル産ブルーバフィア石を使用した壁面。足元はフランスの木工工房よりジル・ゴベール氏の手掛けた美しい寄木細工。

フランスの木工工房よりジル・ゴベール氏の手がけた寄木細工の床

 2階の回廊には、陶芸家、加藤元男氏制作の陶板の壁。その壁には、横山大観や平山郁夫、シャガールやダリなど、誰でも一度は聞いたことがある有名画家の絵が並ぶ。ここにきてようやく馴染みのある画家の名前に、つい知ったかぶりしたくなる。

2階の回廊。陶芸家、加藤元男氏制作の陶板の壁。壁には横山大観、平山郁夫、シャガール、ダリなどの絵が並ぶ

異様な雰囲気の宴会場

 もっとも驚き、魅了されたのは、宴会場として使われた部屋だ。

 室内に足を踏み入れるとドーム型の天井には、黒地に赤と白でダイナミックななにかが描かれている。これはイタリアの画伯、ジョルジオ・チェリベルティによって「愛と自由と平和」をテーマに描かれたものだそうだ。なにが描かれているのかはわからないが、パッションが視界いっぱいに迫ってくる。私を覆うように描かれている天井画は、あたかも自分自身が作品の中に入ったかのような感覚になる。

ジョルジオ・チェリベルティによって「愛と自由と平和」をテーマに描かれた天井画があしらわれた宴会場

 足元はここでも寄木細工だ。

 パンッと手を叩いてみると、マイクなしでも音が響く作りになっている。

 部屋に唯一光を入れる天窓には、針のない時計が描かれており、愛は永遠、愛は時間を超越するという意味が込められていることから、ここで結婚式を挙げる人もいるそうだ。

天窓に描かれた針のない時計の絵は「愛は永遠」「愛は時間を超越する」という意味が込められている

 教会のような荘厳さと、ほんのり不気味な天井画。外界が見えない密閉空間。誰もいない孤独と静けさ。なにかよくわからない恐怖。わたしは夢を見ているのかもしれない。この部屋では、今まで感じたことのない不思議な雰囲気を味わった。その感覚がやみつきになり、そのあと何度もその部屋を訪れることになる。

 エレベーターで3階へ。

 エレベーターホールも床は寄木細工でできている。豪華なシャンデリアはベネチアンガラス。さらにそれを支える天井にも金箔が施されている。

エレベーターホールももちろん豪奢
中国段通の絨毯が敷き詰められた廊下

 廊下には中国の高級手織り絨毯、中国段通が敷かれている。一歩一歩絨毯を踏みしめながら、部屋へと向かう。

z