昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/08/08

genre : ライフ, , 娯楽

部屋の重たい扉を開けると……

 高級マンションの玄関のような重々しい扉が並び、そのひとつひとつには部屋の名前が掲げられている。

 無くしようのない大きさのルームキーを鍵穴に差し込み、重たい扉を力強く開ける。奥まで伸びる廊下にも、横になって眠れそうなふかふかの絨毯が敷かれている。

 突き当りの扉を開けると、広くて明るいリビングが広がり、大きな窓からは田辺湾が一望できる。イギリス王室御用達の家具が並び、窓際には4人掛けのテーブル席が置かれている。10人は腰掛けられるボックス席では、寝転ぶことだって余裕だ。これだけの広さを独り占めとは、完全に持て余すだろう。

宿泊した部屋。とてつもない広々空間を独り占めする

 リビングの隣はベッドルームへと繋がる。シモンズベッドの枕元にはタッチパネルがはめ込まれ、あらゆるものがスイッチ1つで自動で動く。

シモンズ製のベッド

 ほかにもトイレ、パウダールーム、浴室、洗面所。手の届くところに欲しいものがスタンバイしており、いちいち嬉しい。

部屋のあらゆる場所が至れり尽くせりの空間だ

 2016年には大浴場が改装されたようだ。様々なタイプの機能浴が揃う内風呂に加え、間接照明と曲線をふんだんに使った、美意識の高い風呂が気持ちいい。控えめにくり抜かれた窓からは涼しい海の風が入ってくる。無意識に感情がこみ上げ、思わず顔がほころぶ。しあわせだ。

間接照明と曲線をふんだんに取り入れた美意識の高い風呂

 風呂上がりにはほてった体を冷ましながら、用意されたアイスキャンデーやドリンクでクールダウン。テラスと一体化しており、そのまま夜風にあたることも。

 ささくれ立った心がじんわりと、優しい気持ちになった。

 朝と夜はビュッフェ形式。

目で楽しめるスイーツの数々

 キレイに盛り付けられた料理が並ぶ中央では、紀州の旬な食材を使った実演調理が行われている。揚げたての天ぷら、板前の握り寿司、時には炎が上がるパフォーマンスもあり、目でも舌でも楽しませてくれる。当然どれを食べてもおいしい。何度でもおかわりがしたい。料理はひとくちずつしか分けられていないのだが、全種類のうち半分以上の味を知らないまま満腹になってしまった。それだけ品数が豊富なのだ。

かつては限られた者しか入れなかったホテル

 ホテル川久はかつて、限られた者しか入ることができなかったが、現在はより多くの人々が利用できるようになった。これからこの建築の価値を認める人が、世界中から訪れるだろう。気になる方はぜひ、本物を見て触れてほしい。本当にいいものは、多くの人の心を動かすのだ。

 チェックアウトをして川久を背に走り始めると、昨日通ったのどかな街並みに戻った。信号で止まり、軽トラとすれ違う。登校するこども、散歩する老夫婦、堤防には釣り人がいる。ここの住人にとっては、いつもの平凡な日常だ。

和歌山県ののどかな光景

 そういえば、ここは和歌山県だったんだ。

 忘れられない夢から醒めた気がして、なんだか急に寂しくなった。

 もうすでに、川久に泊まりたい。

※取材は新型コロナウイルスの感染者が日本で確認される以前に行いました

その他の写真はこちらよりご覧ください。

2021年上半期 地域部門 BEST5

1位:千葉ホワイト餃子、山形赤湯ラーメン、福島フラミンゴのいるレストラン…「ローカル外食チェーン」各県ベスト1決定《東日本編》
https://bunshun.jp/articles/-/47484

2位:《写真多数》「なんだあれは!?」のどかな街にそびえる異様な豪奢ホテル“川久”に泊まってみると…
https://bunshun.jp/articles/-/47483

3位:「ドアが開かない!」一歩間違えれば谷底へ転落…あの日、国道488号でのドライブは“命懸け”だった
https://bunshun.jp/articles/-/47482

4位:「紀州のお殿様の時代にお忍びで遊びに来る場所だった」和歌山の“限界”色街で出会ったお姉さんの告白
https://bunshun.jp/articles/-/47480

5位:「入れてー」「いや、キミ入れんから…」美術館の警備員さんと猫のほのぼのすぎる“攻防戦”
https://bunshun.jp/articles/-/47479

この記事の写真(50枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z