昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《女帝の残酷LINE》「この世のものとは思えないアザが…」“ホスト漬け”にされた主婦の遺体を運んだ男性の告白――2021上半期BEST5

太宰府ホスト漬け傷害致死事件 遺体を運んだ男性が告白 #1

genre : ニュース, 社会

2021年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。裁判部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年6月17日)。

*  *  *

 2019年9月下旬~10月20日ごろ、福岡県太宰府市で主婦・高畑瑠美さん(当時36)が太ももをナイフや割り箸で刺され、20日午前4時50分ごろまでに外傷性ショックで死亡した「太宰府ホスト漬け傷害致死事件」。

 瑠美さんは山本美幸被告(42)と岸颯被告(25)によって家族から引き離され、山本被告らの自宅で同居。日常的にホストクラブへ連れていかれ、そこでの料金は山本被告への「借金」にされていた。

 山本被告らによる犯行はその残忍さから世間の注目を集めた。そして今年3月、山本美幸被告(42)と岸颯被告(25)が瑠美さんへの傷害致死や監禁、恐喝などの罪で有罪となり、それぞれ懲役22年と15年を福岡地裁で言い渡された。

 山本被告らは、2019年10月20日、瑠美さんの遺体を福岡の中洲から太宰府まで車で運んでいる。車内では、別件での恐喝未遂罪により懲役2年執行猶予4年の有罪判決を受けている元暴力団員の田中政樹被告(47)と電話をし、瑠美さんへの暴行が明るみに出ないよう口裏を合わせていた。

山本美幸被告(左)と高畑瑠美さん

 このとき、山本被告と岸被告、そして瑠美さん以外にも車に同乗していた人物がいる。山本被告との10年来の知人である男性Xさん(37)だ。Xさんは福岡県警に死体遺棄容疑で逮捕されたが、後に不起訴となっている(山本被告、岸被告、田中被告も死体遺棄罪に問われたが無罪。検察は不服として控訴している)。

 Xさんは瑠美さんへの暴行に加わったことはないが、この事件の全容を知るためには極めて重要な人物だ。Xさんに取材を依頼をすると、「一審の裁判は終わったし、山本被告と岸被告から逃げるつもりはない」と、取材を受けてくれることになった。

「取材は個室でお願いしたい」という要望があったため、その日は福岡県内のホテルの一室で彼の到着を待っていた。約束した時間から少し遅れて、Xさんが到着した。Xさんは長身で細身、髪は肩まで伸ばしており、ビジュアル系ロックバンドにいるような風貌だ。

 Xさんは神妙な面持ちで、“あの日”について静かに語り始めた——。(全3回の1回目)

◆ ◆ ◆

血相を変えた山本被告が「瑠美が息してないって」

「10月19日、いや、日付が変わって10月20日ですね。午前3時過ぎにみゆ(山本被告)がホスト3人を引き連れて、自分が経営するバーにきました。明け方まで飲んでいると、みゆの携帯に着信があったんです。それでみゆが携帯を持って、一度店を出ていきました。

 何があったのかなと思っていたら、すぐにみゆが血相を変えて店へ戻ってきた。かなり動転しているようだったので、連れのホストたちに会話が聞こえないようにまず場所を変えました。するとみゆが『まこっちゃん(岸被告)からの電話で、瑠美が息していないって』と」

取材に応えるXさん ©文藝春秋

 Xさんが電話を代わると、岸被告の「いつもと変わらない、あっけらかんとした声」が聞こえたという。