昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/09/03

楽屋でタバコ

 “本業”の地下アイドルの世界でも、「楽屋でタバコを吸っている人を何度か見かけたこともあります。こちらの衣装に匂いが付着すると困るし、共演者のなかには未成年もいるんだから、ちゃんと喫煙所へ行って欲しいです。あと出演をオファーしてくださるイベンターの方のなかには、『あのアイドルはこんな感じだから、もう自分のイベントには誘わない』とか愚痴をわざわざメールなどで報告してくる人もいたり。こちらはそんな私的な会話や付き合いを望んでいないのに…」と困惑することがあるという。

 

 せかいさんのおもしろさは、そういった自身の体験談をSNSに投稿するだけではなく、グループの楽曲にも反映するところだ。メイドカフェの特殊性をもとにした『超絶!メイド生活』、地下アイドルが歌う楽曲にありがちなことに触れた『さっきまで見てたアイドルとの違いがわからん』などを、ステラシュガレットとして発表。最初はそうやってパロディ化することが「すごく怖かった」とのことだが、「だけど元をたどればメイドカフェで働いた理由も、人気メイドになれば地下アイドルグループを作ったときにお客さんをたくさん呼べるだろうし、メンバーを引き抜きやすいんじゃないかと思ったから。市場調査みたいなものでした」と戦略的に動いていたそうだ。

「人生、ネタ作りなんで」

 せかいさんは、たくましく笑った。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z