昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「口に入れた指をペロペロ」「ワザと胸にあたる体勢を…」審美歯科の歯科衛生士が目撃した「ヤバい患者」

genre : ライフ, 医療, 社会

 全国に6万8000軒もあるという歯科医院。なかでも、歯のホワイトニングや歯並びの矯正などを主に手掛ける『審美歯科』は、保険外となる治療も多く、料金も高額となるせいか、少し不思議な患者さんも多いという。都内の一等地にある審美歯科で働いている歯科衛生士の杉谷美穂さん(仮名)は、「ほとんどは問題の無い患者さんなんですが……」と前置きしつつ語ってくれた。(取材・執筆=素鞠清志郎/清談社)

◆ ◆ ◆

トラブルが多いセラミック治療やホワイトニング

「私が勤めているクリニックでは、患者さんの8割が女性です。クリニックで取り扱っているセラミッククラウンなどは施術料も高額になるので、比較的、裕福な方が多いように感じます。実業家の方とか、芸能人、あとは夜のお仕事をされている方も多いですね。そういった方々は日常的にVIP待遇されているのか、あつかいが難しいんです。

 ウチは一応完全予約制なんですけど、来院したら診察券を出していただいて受付するというシステムなんです。なのに、ある患者さんは来院されてもなぜか受付しないで待合室の椅子にどっかり座って待っているんです。

 スタッフが見かねて声をかけると『アタシのことわからないの?』という雰囲気で気分を害されてたりするので面倒です。有名なモデルの方なんですけどね(笑)」

©iStock.com

 セラミック治療やホワイトニングなどは、高額でしかも施術に時間がかかるということもあり、トラブルも多いという。

「モメたのは、ある女社長さんですね。ホワイトニングだったんですけど、どんな方でも施術前にまずカウンセリングをするんです。その時に、工程を説明して、このくらい白くするにはこのくらいかかりますとか、ホワイトニング剤は沁みるので、事前に虫歯や歯槽膿漏などの治療も完了してくださいとお願いしました。

 その方は軽度の虫歯があったので、その治療を終えて、歯石などのクリーニングもして、オフィスホワイトニングを開始したんですけど、薬剤を塗布したら数分で『痛い!痛い!』と叫んで大暴れ。どうやら知覚過敏があったようで、そこにすごく沁みてしまったようです。

 その女社長さんは『事前に知覚過敏があると言ったじゃない!』と怒って、こちらの施術の腕が悪いと猛クレーム。『院長を呼んで!』と言われ、『院長が施術してもこうなります』と何度説明しても理解してもらえない。結局、料金を全額返還することになりました」

 クレームが多い患者でも、医療機関である以上は通院を断ることはできない。そして、一度でも治療してしまうと、その付き合いも長くなるという。

「何年も通っていただいてるクラブのママさんがいるんですけど、いつも『治療費が高い』とかクレームが多いんですよ。それで怒って帰ったりするんですけど、そういう方に限って、すぐに差し歯や詰め物が取れたりする(笑)。他の歯科医に行っていただいても構わないんですけど、律儀にウチに通ってきていただいてます」