昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

3位「岐阜・日本刀アイス」、2位「三重・アイス饅頭」、では1位は? 「ご当地アイス」全国ベスト10を発表《年間1000個食べるマニアが厳選》

 今、ご当地アイスがアツい! 日本全国のご当地アイスを食べ歩くアイスマン福留が、ご当地アイスランキングを発表! 現地でしか食べられない魅力的なご当地アイスから通販でお取り寄せができるものまで、おすすめの10商品を厳選しました。

アイスクリームマニアが選んだ10位から7位

第10位:【大阪】ゼー六(ぜーろく)「アイスもなか」

 今年で創業108年を迎える大阪の老舗純喫茶店「ゼー六」。このお店の名物として「アイスもなか」があります。

大阪府のゼー六(ぜーろく)「アイスもなか」

 さっぱりとしたアイスクリンを香ばしく口溶けの良い「もち米100%」のモナカ皮でサンドした素朴で昔懐かしい味わいが特徴。関西エリアではパリッとしたモナカ皮とさっぱりとしたアイスクリンの組み合わせが昔から人気なんです。値段も手頃で地元民に長く愛され続けているモナカアイスです。

第9位:【新潟】セイヒョー「もも太郎」

 新潟県民であれば知らない人はいないというほど知名度の高い名物かき氷バー。新潟県内のスーパーやコンビニのほとんどで取り扱いがあり、特に夏には欠かせない人気アイテム。

新潟県のセイヒョー「もも太郎」

 もも太郎といっても味はイチゴ味。夏祭りで食べるいちごシロップのかかったかき氷を、そのままぎゅっと固めてアイスバーにしたような昔懐かしい味わいが特徴です。

第8位:【秋田】「児玉冷菓のババヘラアイス バラ盛りカップ」

 秋田の風物詩、路上や道の駅などで販売しているアイスクリンのバラ盛りを、そのままカップに詰めたカップ氷菓。イチゴ味とバナナ味、2種類の味わいのアイスクリンを組み合わせた色鮮やかで素朴な味わい。

秋田県の「児玉冷菓のババヘラアイス バラ盛りカップ」

 児玉冷菓のババヘラアイスは甘過ぎず後味がさっぱりしているのが特徴。サクサクのシャーベット食感も魅力です。コーンやヘラが付いて、盛って食べられるタイプもあるのでご自宅で是非お試しを。

第7位:【和歌山】玉林園「グリーンソフト」

 江戸時代に創業した老舗茶屋「玉林園」が手掛けるロングセラー商品。宇治の抹茶、牛乳、砂糖などシンプルな原料で作られており、宇治抹茶特有の苦味と香りがしっかり楽しめます。抹茶が苦手な人にも食べやすいやさしい味わいも特徴です。

和歌山県の玉林園「グリーンソフト」

 お取り寄せできるのは「キャップ」と呼ばれるコーンをかぶせて冷凍した「ハード」タイプのみですが、地元の店舗ではやわらかい「ソフト」タイプも大人気です。