昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/09/16

 深夜に来てタバコだけ買ったんですが、パッケージを開けて1本取り出すと、そのまま口にくわえたんですよ。それで僕に向かってアゴを突き出してくる。どうやら火をつけろと言いたいらしいので、仕方なく自分のライターでつけてあげました。もちろん店内は禁煙です。でも、危ない雰囲気の女性だったので、勢いに押されてつい……。

切羽詰まった表情で「箸だけくれ!」と懇願

──たしかに、なにやら有無を言わせない迫力を感じます。

竹原 あと月に何度か来る30代の男性も相当ヤバいです。何も買わないんですけど、切羽詰まった表情で「箸だけくれ!」と懇願してくるんです。さすがに何も買わない人に箸をあげるわけにはいかないのでお断りすると、レジカウンターにガツンっと蹴りを入れて出ていく。しかも、1回だけじゃなく、同じことを月に2~3回繰り返すんですよ。

 いまのところレジに蹴りを入れられるだけですが、僕もほかのバイトも身の危険を感じています。その男性が来ると一気に緊張感が高まり、深夜バイトの誰かが防犯カラーボールを持って対応しているぐらい。正直、もう来ないでほしいです。

──警察を呼ぶような事態になったことはないんですか。

竹原 僕がシフトに入っているときだけで2回ありました。そのうちの1回は、20代の若い男性がトイレにずっとこもって自慰をしていたんです。トイレ内での行為は後から知ったんですが……。そのときは警察を呼んで連れて行ってもらいました。

 もうひとつは、オラついた3~4人のグループにレジ前で横入りされた男性がブチ切れて大騒ぎになったときです。かなりごつい体をした人で、割り込んだグループの最後尾にいた男性に何も言わずいきなり膝蹴りをかましたんですよ。当然、グループ側が怒って「なんだテメェ!」となり、乱闘状態になってしまったので警察を呼びました。

◆◆◆

 コンビニにはさまざまな人が時間を問わず来るので、どこの店舗もこうした迷惑な客がいるのではないだろうか。

 早朝や深夜などの時間帯にかかわらず、コンビニは想像以上にカオスのようだ。多くの人が利用する場所だけに、これらの迷惑行為を他山の石としてほしい。

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー