昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

アジのパックに“フグの稚魚”が1匹…スーパーでの混入はなぜ起きたのか 店は「形が似ていてチェック漏れの可能性」と説明

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, ヘルス

アジのパックに“フグの稚魚”が1匹…スーパーでの混入はなぜ起きたのか 店は「形が似ていてチェック漏れの可能性」と説明

 

底引き網漁では水揚げ時、クラゲなど様々なものが混じる

8月、愛知県蟹江町のスーパー「バロー蟹江店」で販売された真アジのパックに、フグの稚魚1匹が混入していることがわかった。

県によると、購入した客から「フグが入っている」とスーパーに連絡が入り、保健所が確認したところ「シロサバフグ」の稚魚1匹が混入していた。

フグの肝臓などの有毒部位を食べた場合、重篤な場合は死亡することもあることから、購入した客に絶対に食べずに店舗まで連絡するよう呼びかけた。

 

フグの混入はなぜ起こってしまったのか。バロー側に取材したところ、「パック詰めを行う最中に、形が似ていたためチェックが漏れてしまった可能性がある。今後は商品の確認手順の見直しを含めて、再発防止に努める」としている。

 

食品問題に詳しい、名古屋文理大学短期大学部の佐藤生一教授によると、今回の小アジのような魚は底引き網漁で捕られていて、水揚げの時にはアジだけでなくクラゲや今回のフグなど、様々なものが混じるという。

 

商品として売る際の対応について、名古屋市中区の大須商店街にあるスーパー「サノヤ」の鮮魚担当者に聞いた。

サノヤでは、漁師が箱詰めする段階で異物がないかチェックし、店に届きスタッフがパック詰めをする段階でチェック、店頭に並べるときにもチェックと、最低3回はチェックをしているとのこと。また、担当者は「一般的に魚のプロなら見分けることはできるのでは」と話していた。

 

佐藤教授はシロサバフグの毒性について、一般的なフグは「テトロドトキシン」という猛毒をもつエサを好んで食べることで体内に毒をためていき、この毒は過熱しても無毒化できない危険なものだという。

一方、シロサバフグはテトロドトキシンを含むエサを基本的に食べないので、フグの中では毒性は低いと考えられるとのこと。

 

ただし、フグは形が似ているものも多く判別は難しいので、専門の調理師が捌いたもの以外は絶対に食べないよう注意を呼びかけている。

(東海テレビ)

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー