文春オンライン

《家族間殺人》「俺がちゃんと教育するから」交際相手の実家に寄生して家族を洗脳…一家が“邪魔者の排除”に至ったワケ

『家族間殺人』より #1

2021/10/09
note

家族全員が容疑者

 自宅で人が亡くなった場合、疑われるのはまず同居人であり、全員が容疑者として取り調べを受けた。家族全員の携帯電話が没収され、互いに連絡を取り合うことができなくなった。最も疑われていたのは真奈美で、第一発見者の兄も連日厳しい聴取を受けていた。

 すべて正直に答えているが、「やっていない」「知らない」と言うと、警察官に「噓つくな!」と大声で怒鳴られ、机を叩かれた。

 このとき真奈美は、他の家族も翼の死に関係しているのではないかと考えていた。父親は、翼と血が繫がっていないのだから、亡くなったとしても何も感じないのではないか。兄も心のどこかで翼の存在を疎ましく思っていたのかもしれない。裁判が結審するまで家族との面会は禁止されており、家族全員で自分を陥れたのかもしれないと思うようになっていた。

ADVERTISEMENT

健一が必ず助けに来てくれると信じていたが……

 裁判で健一は、真奈美が積極的に翼を虐待していたと主張していたが、それも健一の策略なのではないかと考えた。健一が早く解放されれば、必ず助けに来てくれると信じていたのだ。

 刑務所に収監された真奈美は、この先、家族と会うつもりはなかった。どこの刑務所に収監されたのか、家族であっても知る権利はなく、手紙を出さなければわからない。ところが、敏子さんと父親は真奈美を捜し、面会に行った。そして徐々に真奈美は、健一に騙されていた事実に気がついていった。

「弟を助けられなかったことは、とても後悔しています。あのとき翼が犠牲にならなければ、他の家族も殺され、私も無期懲役や死刑になっていたかもしれません。そう考えれば、刑務所生活も仕方のないことだったと思うようになりました」

 出所した真奈美は、母親の敏子さんと一緒に介護の仕事をするようになった。

【続きを読む】《乳児死体遺棄》娘の妊娠に気づかない加害者家族の意外な“共通点”とは 「まさか、娘があんなことをしたなんて…」

家族間殺人 (幻冬舎新書)

阿部恭子

幻冬舎

2021年9月29日 発売

《家族間殺人》「俺がちゃんと教育するから」交際相手の実家に寄生して家族を洗脳…一家が“邪魔者の排除”に至ったワケ

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事