昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「1年ほど前から他の人を好きに」

――交際を終わらせる、というのは鈴木さんから伝えたんですか?

鈴木 ちゃんと話し合ったというよりは、報道が出た時点でお互いに「潮時だね」という雰囲気でした。Sさんに「まあしょうがないね」と言われたのは覚えています。

――鈴木さんとしても、納得していたのでしょうか。

鈴木 実はその1年ほど前から気持ちとしてはSさんの他の人を好きになっていたので、迷いはしませんでした。それが池袋のラブホテルで一緒に写真を撮られたWさんです。なのでSさんと離れて暮らすことについては正直そんなにショックではなかったというか……。

鈴木優香さん Ⓒ文藝春秋

――Wさんはどんな方なんでしょう? 

鈴木 Wさんは別の事務所のスカウトをしている29歳の男性で、2019年8月頃に出会いました。Sさんが夜遊びをやめようとしないのに心が離れていて、そんな時に会ったWさんの方に気持ちが傾いていきました。

――鈴木さんはWさんのどんなところに惹かれたのですか。

鈴木 優しいところです。Sさんよりは年齢も近いので一緒にいて楽しかったんです。だけど他のアイドルの子からは『Wさんが他の女の子と関係持ってるよ』っていう話も聞いたりはしていました。本人が言ってることと周りの評判のギャップが大きくて疑うこともあったんですけど、好きな気持ちが勝ってしまって、あまり強く問い詰めたりはできませんでした。

――鈴木さんはどんな時に人を好きになるんでしょう?

鈴木 優しくされてしまうと、好きになりやすいのかもしれませんね。

鈴木優香さんとW氏 ©文藝春秋/撮影・細田忠

「私の片思いっていうことになるのかな」

――SさんともWさんとも、デートなどはあまりおおっぴらに出来なかったと思うんですがどんな風に過ごしていたんですか?

鈴木 あまりデートというデートはした記憶がないですね。外に出るのは外食の時くらいでした。

鈴木優香さん Ⓒ文藝春秋

――4月時点で“本命”だったWさんとは今も交際されているんですか?

鈴木 Wさんと最後に会ったのは3月28日で、それが池袋のホテルで写真を撮られた日です。それ以降は会うどころか連絡も取っていません。

――Wさんを好きだった気持ちは消えましたか?

鈴木「好き」という気持ちはもうないです。いま思えばWさんに「付き合おう」と言ってもらったことはなくて、私のことを好きというよりは遊ばれていたのかなとは思います。でも当時の私は「やった、連絡きた!」って舞い上がっていたんですよね……。

――Wさんとは「交際」ではなかったんですか?

鈴木 曖昧な感じでしたが、向こうは私のことが好きでは無かったのかなと今は思います。私の片思いっていうことになるのかな。

z