昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, 社会

――「非常用備品ボックス」には、どのようなものが入っている?

ライト、水(ペットボトル)、非常用トイレ、目隠し用シートなどです。

もしトイレに行きたくなったら…

――閉じ込められているエレベーター内でトイレに行きたくなったら、どのように対処すればよい?

「非常用備品ボックス」が設置されていれば、非常用トイレセットが入っていますので、それを使いましょう。目隠しになるものも、入っています。

設置されていない場合の対応について、理想的には、自分のバックやリュックなどに、非常用トイレ・大きな黒いビニールのごみ袋を常備して、それを使います。
非常用トイレがない時でも、ビニール袋に吸水できる紙・布を入れたものを用います。目隠しが無い時は、コートなどで臨時に隠します。

ちなみに、私は出張用のバック、リュックに、非常用トイレまたは大小ビニール袋、テイッシュを常備して、備えています。決して、かさばるものではありません。
 

――自分が住んでいるマンションや勤め先のエレベーターに「非常用備品ボックス」が設置されていない場合、どのような備えをしておけばよい?

自分の手荷物に、このような時に役立つものを入れて持ち歩くことをお勧めします。

大地震の際には、エレベーターに閉じ込められた時以外にも役立ちます。
例として、LEDライトが付いたモバイルバッテリー(数台用+充電ケーブルは各種接続対応のもの)、大小のビニール袋とティッシュペーパー(大袋は黒色が望ましい)などの非常用品。
キーホルダーには、笛も付けておきます。笛は、大きい音の出るものを選びましょう。

少々時間がかかっても、ご自分の住んでいるマンションやお勤め先のビルなどのエレベーターに、「非常用備品ボックス」を設置するように、働きかけましょう。
 

――7日夜の地震で停止したエレベーターに閉じ込められたケースは、1都3県で合わせて28件あった。これはどのように受け止めている?
 

今後、想定される大地震を考えると、言い過ぎかもしれませんが、良い「防災訓練」や警告だったと思い、自分たちが閉じ込められた時を想像して、エレベーター内に備蓄するなどの備えを進める必要があります。
 

7日夜の最大震度5強の地震でも28件あった、停止したエレベーターに閉じ込められるケース。
誰にでも遭遇する可能性はあるので、今回の地震を教訓に、閉じ込められた時の正しい対処法を頭に入れ、万が一のことを考えた備えを始めてみてはいかがだろうか。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z