昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「10年間で300缶しか売れなかった」……廃棄前の“嘆きツイート”で注文が増加! 意外な使い道に救われる

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 商品, 企業

「10年間で300缶しか売れなかった」…廃棄前の“嘆きツイート”で注文が増加! 意外な使い道に救われる

 

「売れたのは10年間で300缶…」

在庫が増え、廃棄前に全色を見せようと最後の嘆きをTwitterで投稿したところ、起死回生の一発逆転劇。そんなTwitterの拡散力で救われた商品がある。

その商品は、創業115年の菓子・乾物などを入れる缶を製造する製缶メーカー・側島製罐株式会社(愛知・大治町)の自社企画製品「Candy缶」

自社企画製品「Candy缶」(ストロベリーレッド)

缶の製造は最低でも3000缶と大ロットで、同社は企業を取引先に完全下請けとして製造していた。しかし、約10年前に小ロットの需要に対応するために誕生させたのがこの「Candy缶」だ。

鉄の薄板(0.22ミリ前後)に錫でコーティングしたブリキの板で作られており、発売当初は正方形のスクエア缶、長方形のワーク缶、丸形のラウンド缶、円筒のファット缶、トール缶など多様な形状・サイズと、16色以上のカラーバリエーションを展開していた。

たくさんのカラーバリエーションがあるスクエア缶(※現在は販売していないカラーも有り)

廃棄前のツイートに反響

カラフルでよさそうな商品だが、残念なことに、菓子のサイズにピッタリという事で需要にマッチした、スクエア缶(縦12.2×横12.2×高さ4.3センチ)とラウンド缶(直径8.2×高さ2.6センチ)以外は、約10年ほとんど売れなかったのだそう。少ないものは10年で100缶ほどという結果。

大手の雑貨店に商品を置いてもらったりもしたが、空洞の缶はスペースを取るため、すぐに棚から外されてしまい、リピート購入も少なく、単発での購入が精いっぱいだったという。自社企画の製品のため、在庫は会社で持たなければならず、その大量の在庫が倉庫のスペースを圧迫していた。

倉庫スペースの様子。このうち40%ほどがCandy缶の在庫

「もうどうしようもないかな」と断捨離するタイミングで廃棄を決意。昨年11月に、その作業の際に最後の嘆きとしてTwitterに商品画像と共に投稿したところ、注目が集まったのだ。

あの…弊社のオリジナル商品…

見た目結構華やかじゃないですか…
なんとなく売れそうな感じするじゃないですか…

10年間で300缶しか売れなかったです… pic.twitter.com/eUvptIdBeR

— 石川貴也 / 側島製罐(株) (@LWITBR1906) November 30, 2020

あの…弊社のオリジナル商品…

見た目結構華やかじゃないですか…
なんとなく売れそうな感じするじゃないですか…

10年間で300缶しか売れなかったです…

机の上に並べられているのは13個の円筒の缶。柄のない単色だが、色は赤や黄などと異なっており、並べてみると彩り豊かでとても映えている。