昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 F氏と梅澤の関係はどのようなものだったのだろうか。「麺匠 八雲」の元従業員が説明する。

「梅澤さんはFについて『昔お世話になって、今も面倒見てくれているんだよ』と説明していました。Fも梅澤さんを社長として立てている様子でしたが、"マユカ"と呼び捨てで砕けた雰囲気で話していましたね。梅澤さんがアイドルだった時のプロデューサーということは従業員はみんな知っていたと思います。印象的だったのは、梅澤さんが『もう辞めたい』と言い出した時に、『テレビ出演とかの時に顔と名前だけ使わせてくれればいいから』とFが説得していたこと。梅澤さんがカンバンで、Fが実質的な経営者という雰囲気でしたね」

「麺匠 八雲」のラーメン

2人は同じアパートで生活している

 そして梅澤とF氏は、「麺匠 八雲」の大和店から徒歩圏内にあるアパートで一緒に生活している。10月12日20時頃、アパートの前にF氏が運転する白いポルシェが止まると、助手席から黒いバケットハットを目深に被った梅澤が降りてきた。車から降りた梅澤が入った部屋へ、車を停めたF氏約10分後に入っていった。

アパートに戻る梅澤 Ⓒ文藝春秋 撮影・宮崎慎之輔

 F氏が再び姿を現したのは、翌13日の8時頃。2時間後にF氏は車でアパートへ戻り、前日とは異なる服装の梅澤を乗せて最寄りの警察署に向かった。取材班は、この日以外にもアパートに出入りする2人の姿を何度も確認している。

 食品の産地偽装疑惑、経営状態、梅澤とF氏の関係性などについて、「麺匠 八雲」に事実確認を求めると、梅澤氏がそれぞれ取材に応じた。(#3につづく)

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(40枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー