昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

スポーツ界の影響力の大きさは“プロ選手”よりも“YouTuber”? 元FC琉球社長が語る「メーカーがプロにスパイク提供をしなくなった」ワケ

2021/10/27

 先日、下記のようなツイートをさせていただいたところ、現役のJリーガーはもちろん、多くのYouTuberたちからも大きな反響がありました。

《Jリーガーたちが続々とメーカーからのスパイク提供を打ち切られる中、サッカー系のYouTuberたちがスパイクの提供を受け始めている。サッカーを上手くなるための努力の他に「見たことがある人」「知ってる人」になるための努力がJリーガーだけではなく、Jリーグ業界として急務な気がする。》

本人のツイッターより

 

契機となった現ヴィッセル神戸・前川黛也選手のnote

 私がJリーガーとメーカーの関係を考えるようになったのは、昨年ヴィッセル神戸のGK前川黛也選手が書かれていた「契約解除になったあの日から」というnoteを読んだことがきっかけです。

 そのnoteには、こんなことが書かれていました。

「昨年末、大学時代からお世話になっていた、PUMAさんから契約解除を言い渡されました。プロでJ1、その上試合にも絡んでいたのになぜ契約解除に…考えたくもない現実でした」

ヴィッセル神戸のGK前川黛也選手。今年3月には代表にも選出された ©️時事通信社

 私は小学校の頃にサッカーをはじめ、長年に渡って打ち込んできました。大学院卒業後も一度は外資系金融企業に就職したものの、2018年には意を決して、当時J3だったFC琉球の取締役に就任しました。昨年にはチームを離れましたが、「サッカーに携わる仕事がしたい」という想いは常に胸に秘めていました。

 そんな私ですから、この前川選手のnoteを読んで「子供たちの夢の職業、憧れの世界であるJリーグのトップチームでこんなことがあっていいのか!」と衝撃を受けたのを覚えています。

Jリーガーではなくサッカー系YouTuberにスパイクが…

 そんな折、沖縄時代に所属していた社会人チーム「セリオーレ」のチームメイトで、サッカー系YouTuberとしてチャンネル登録数20万人越えの『レガテドリブル塾』の2人と話す機会がありました。彼らはYouTuberであると同時に子ども向けのサッカースクールも主宰しています。

レガテドリブル塾でコーチを務めるショウヤさん 公式HPより

 彼らは現在、メーカーからスパイクの提供を受け、動画を通して商品を紹介するという任務を担っています。J1の選手でも契約を解除されてしまうという話を聞いていた中で、特にプロサッカー選手としてのキャリアがあるわけでもないレガテドリブル塾の2人とメーカーの関係性に、はじめは違和感を覚えました。

「なぜメーカー側は、プロでもない彼らにスパイク提供をするのか――?」