文春オンライン

《大阪3歳男児“熱湯虐待”殺害》逮捕の母が抱えた“男性依存”という闇 「とにかく男が『やれ』と言えば何でもやってしまう性格でした」

#3

genre : ニュース, 社会

 行歩容疑者は大阪府岸和田市で生まれ育ち、地元の小中学校を卒業した。別の元同級生が当時の行歩容疑者について振り返る。

「帰宅部でしたが、友達が少ないわけではありませんでした。放課後よく一緒に遊んで、寿希が住む施設の前とか、友達の家にいっておしゃべりしていましたね。『○○くんかっこいい』みたいな話とか、お互いの好きな人の話をよくしていたのは覚えています。中学校を卒業してからは疎遠になりましたが、インスタにネイルの写真や、しっかりとスーツを着た写真を上げたりしていたので、立派な社会人になったのだと思っていました」

行歩容疑者のインスタグラムより

 松原容疑者とマッチングアプリで知り合う前には、一度桜利斗ちゃんの実父であるNさんと結婚をしている。だがその結婚もうまくはいかなかったようだ。

ADVERTISEMENT

「Nさんと結婚していた時も、当初は周囲に相当のろけていましたね。ただ結局、寿希の浮気が発覚してしまい、その腹いせとしてNさんも浮気をした結果、離婚したようです」(前出の同級生)

 今年4月4日、桜利斗ちゃんの誕生日の翌日には「これからも桜利斗の母として頑張ります」と自身のインスタグラムに投稿していたが、あまりにも身勝手な行動で母の抱負は叶わなかった。

桜利斗ちゃんの誕生日翌日には「これからも桜利斗の母として頑張ります」と自身のインスタグラムに投稿していたが…

 調べに対し、行歩容疑者は「逮捕されても納得です」と容疑を認めているという。

「文春オンライン」では、今回の事件について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。

メールアドレス:sbdigital@bunshun.co.jp
文春くん公式ツイッター:https://twitter.com/bunshunho2386

その他の写真はこちらよりぜひご覧ください。

《大阪3歳男児“熱湯虐待”殺害》逮捕の母が抱えた“男性依存”という闇 「とにかく男が『やれ』と言えば何でもやってしまう性格でした」

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事