昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

——では、トイレの場所なども覚えない?

砂漠 覚えないですね。今は床を拭き取りしやすい素材などに替えたのでそこまで時間はかからなくなったんですけど、昔は1日2時間は掃除にかかっていました。

エミューちゃんのために敷き替えたという床材 

——事前に調べた情報では「エミューはなんでも食べるので、飼いやすい」とあったのですが。

砂漠 小さい頃から好き嫌いせず食べなさいという教育をしていれば、なんでも食べる子になると思うんですけど。私はエミューちゃんが食べたいものだけを食べさせてたので、ちょっとわがままに育ってしまった(笑)。

 今は鶏用のちょっと高級なフードを、毎日400ミリのタッパーで3つ分くらい、食べています。

病気のことを調べても、「諦めましょう」という情報ばかり

——エミューは病気なども多いと読んだのですが、病気になった際はどうしていますか。

砂漠 エミューはもともと多産多死なのと、家畜として育てられることが多い動物なので、病気のことを調べても「諦めましょう」という感じの、割り切ったことしか書かれていないことが多いです。

 

 病気については、鳥の病気は共通であることが多いので、もうちょっと愛されている鳥の情報を調べて参考にする感じです。よく調べるのはペンギンの情報です。

——ペンギン!

砂漠 ペンギンは高価なので、「どんなに手間をかけても生かしたい」というテンションで育てられているし、動物園などで飼育されていることが多いので、飼育情報にデマがあまりないです。

 あとは湿度が低いところの生きものなので、かかる病気や衛生管理の方法がエミューと意外に共通している。私は朝晩エミューちゃんの部屋全体を塩素で消毒することと、湿度を低く保つことに気をつけているんですけど、そこはペンギンの飼育方法と共通していますね。

エミューちゃんの部屋。広々としている

日の出とともに起こされる…1日のスケジュール

——今でも週に数回、東京に出勤するとのことですが、その際の1日のスケジュールはどのようなものなのでしょうか。

砂漠 まず、朝4時半頃、日が昇るのと同時にエミューちゃんが目覚めるので、私も目覚めます。今はエミューちゃんが私の部屋で一緒に寝るパターンと、それぞれの部屋で別々に寝るパターンがあるんですけど、エミューちゃんは起きると騒ぐので、別々の部屋で寝ていても、私も起こされます。