昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/11/27

――身バレ問題と被るかもしれませんが、やはりネガティブな反応もあるものですか。

あゆみ 高校の先輩が「この子、全然かわいくない」とツイートしているのを目にしたことはあります。あと、YouTubeチャンネルのコメント欄にわざと私の出身高校名を出して「同じ〇〇高校の卒業生として応援してます!」と書き込まれたこともあります。そんなに親しくなかったのに、「俺、この子とすごい仲良かったよ」って言いふらす人もいました。

――だいたい目星がつきますか? 「これ、あいつだな」とか。

あゆみ 全然わかります。「絶対、あいつだ」って。でも、悔しくはないんですよね。最初の頃はメンタルが豆腐だったので、真に受けて引きずりまくっていたんですけど。いま私たちは幸せな生活を送れているし、気にすることじゃないなっていう考えになりました。

時には視聴者から厳しいコメントも

――プレイ動画に対しても厳しい意見って来るものですか。

りょーちん あります。ただ、ネガティブなコメントを書き込んでくるのは日本人だけですね。海外の人はみんな「君たち、キュートだね」「最高だね」とポジティブなんですけど。日本人の方から寄せられるコメントの3割ぐらいが批判的なんですよ。

 

 一番多いのが、「中途半端なところで止めんなよ」というコメント。僕たちはPornhubで公開している動画はあくまで“予告”で、本編は有料のファンクラブに入って観てほしいというスタンスで、動画の中できちんと伝えているんですけどね。あとは「飽きてきた」とか。

あゆみ 「将来、子供ができたらどうするの?」「いずれ、その子がこんなことやってるのを知ったらかわいそう」というコメントもあるよね。

りょーちん あとは、容姿に対すること。「かっこよくないのに動画出るな」とか。その人の主観でしかないので「なんか言ってるな」くらいにしか思えないですけど。

親から「どんな仕事してるの?」

――たとえば、筋金入りのドMの人から「甘い!」「なっとらん!」みたいなものは。

あゆみ たまにあるかな。私が受け身になる動画があるから、「結局Mじゃん」「たいしてSじゃないじゃん」って。

――「ご一緒させてください」という人もいそうですね。

あゆみ 来るね。

りょーちん メッチャいます。なんだか命を懸けてるような、すごい熱量のDMが来ますよ。

――ちなみに、それぞれの親御さんは活動を察していそうですか?

あゆみ お母さんに「彼氏とビジネスやってる」と話して「これぐらい稼いでるよ」と金額を教えたら、ものすごく驚かれちゃって。でも、そこから深掘りしてはこないんですよ。だから、なんか察してるのかな。Pornhubじゃなくても、なにかしらアダルトめいたものじゃないかって。

りょーちん 僕のほうはないです。「どんな仕事してるの?」と聞かれても絶対に言わないんですけど、稼いだ額をポロッと漏らしたら「そんなに稼げるなら私もやりたい!」とか言われちゃって。でも、絶対に紹介なんてできないんで(笑)。

 

【続きを読む】「彼女はエロのほうが光る」プレイ動画配信で月収1000万超 彼氏(23)が見出した、彼女(21)の“才能”

 撮影=山本茂樹/文藝春秋

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(43枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー