文春オンライン

井上出演が実現した理由は?

「加藤さんが主演ではないので、事務所の意向が色濃く反映されるいわゆる『ジャニーズドラマ』ではありません。羽村くんもオーディションを勝ち抜いて出演している。ジャニーズには共演者情報を伝えているが、そこで井上さんが問題になることはありませんでした」(前出・ドラマ関係者)

 一方の井上側はというと、

「同じ事務所の岸部さんと一緒に、井上さんにオファーを出したら、『柳楽さんが出るなら』と受けてくれた。同じ子役出身としてリスペクトしているのでしょう。ジャニーズを気にする感じは無かったようです」(同前)

気になる松潤との交際は…

 局側が忖度せずオファーをし、彼女としてもやりたい役柄だったため、異例の共演が成立したようだ。となると、気になる松潤との交際はどうなっているのか。

「松潤は今夏、ニューヨークに滞在し、誕生日を過ごしていた。来年は連ドラ、再来年は大河と、スケジュールはびっしり。つまり2人で過ごせる貴重な時期に海外へ行っていた。破局しているのでは……という見方が多い」(前出・デスク)

嵐で結婚していないのは松潤と大野智だけ

 現場での井上にも、ある変化が生じているという。

「共演者と積極的に話すタイプではなく、岡田さんに現場での会話は『永遠のゼロ』と暴露されたほど。松潤を気遣ってか、特にジャニタレとの会話は避けているようにも見えました。でも今の現場では加藤さんから『真央さん』と呼ばれ、好きなお酒の話などざっくばらんにしています」(前出・ドラマ関係者)

 電撃結婚の可能性は“永遠のゼロ”か、それとも……。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー