昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : エンタメ, ライフスタイル, 娯楽

水槽内を泳ぐトラフザメ(提供:マクセル アクアパーク品川)

ーートラフザメが仲間を噛んでいるが、いったい何をしているの?

繁殖行動の一環と思われます。交尾時は最終的に胸びれに噛みつきますが、交尾前の段階で雌の尾びれに噛みつくことがあります。交尾でクラスパー(交接器)を挿入するためにオスがメスの胸ビレに噛みつきます。


ーーこの行為はよく見られるの?

タイミングは不明ですが、当館でも稀に見られます。今回の行動は繁殖行動の一貫であるため、自然下でも見られると思います。

噛まれている側は傷ができる

ーー噛まれているトラフザメはケガをすることはないの?

噛まれている側は傷ができます。痛いかどうかは当館では分かり兼ねます。


ーーこのまま泳いだりすることはあるの?

体を押さえつけられている状態なので、普段通りに泳ぐことは難しいと思われますが、(胸びれ、尾びれどちらを噛まれている時でも)噛まれたまま動いていることはあります。

トラフザメの口元(提供:マクセル アクアパーク品川)

ーーTwitterでトラフザメの様子が話題になったことをどう感じている?

飼育スタッフとは違う目線で生きものの行動をお楽しみいただけて良かったです。今回のような機会も含め、生きものにご興味をお持ちいただき、生態をより深く知ってもらえれば幸いです。


ーー最後にトラフザメの魅力的な部分を教えて。

他のサメと違い、丸みを帯びた顔をしておりとても可愛らしいです。

トラフザメ(提供:マクセル アクアパーク品川)

マクセル アクアパーク品川では3匹のトラフザメを飼育しており、同館の2階フロア「リトルパラダイス」で会うことができる。

今回の動画も噛まれているのが雌、噛んでいるのが雄で、ちなみに、雌は噛まれるのを嫌がって暴れることもあるのだそう。ちょっと笑える光景として話題になったが、トラフザメにとっては繁殖行動の一環だったようだ。

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー