昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「カムカムエヴリバディ」上白石萌音と松村北斗、“若いカップル”がいま一番悩んでいること

 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。ヒロイン役は上白石萌音(23)、そして夫・稔役を務めているのがジャニーズアイドル「SixTONES」の松村北斗(26)だ。

◆ ◆ ◆

昭和の好青年とはちょっと違う、松村北斗の素顔

 繊維会社の跡取りと和菓子屋の娘。戦前の岡山で、境遇の差に負けず純愛を貫き、学徒出陣前についに結婚した若い2人が朝のお茶の間で共感を呼んでいる。

結婚後、稔は出征した。上白石萌音と松村北斗(NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」より)

 松村は、中学時代にジャニーズ入りした。

「Jr.時代に故・ジャニー喜多川氏に見出され、俳優活動に力を入れてきた。努力家で、役にのめりこむタイプ」(芸能関係者)

 ドラマでは絵に描いたような好青年ぶりだが、素顔はちょっと違うという。

「実は、出待ちのファンを『お前ら』と呼び、『グッズ買えよ!』と煽る“オラオラ系”。その彼が昭和の好青年を演じているというギャップが、ファンをより痺れさせている」(同前)

SixTONESの松村北斗

アイドル活動との切り替えに戸惑っているよう

 上白石も松村も、オーディションの末、大役を射止めた。

「松村は2次審査の後、ジャニーズの滝沢秀明副社長(39)から『おめでとう』と声をかけられ、自分が受かったことを知ったそうです。いっぽうの上白石は『デビュー時から朝ドラに憧れていた』というだけあって、撮影前に単身、物語の舞台の岡山県へ入り、役作りをしたという熱の入れよう」(ドラマ関係者)

 クランクインは今年3月。松村はSixTONESのツアーと並行して撮影に挑んだが、当初はガチガチだったという。

「父親役の段田安則(64)に『いい演技だけどちょっと現代的に感じる』と指摘され、アイドル活動との切り替えに戸惑っているように見えました」(同前)