昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《札幌イオン店舗破壊事件》買い物客が目撃 黒づくめの男が店内を破壊しつくす一部始終「逮捕直前にスマホを取り出すと突然踊り始め…」

genre : ニュース, 社会

「危ないっ、危ない!」

「薬やってるんじゃないか」

 クリスマスカラーで彩られ、利用客で賑わっていたショッピングモールが一瞬にして凍りつく。まるで映画の1シーンのような光景だった。

 現場の目撃者がツイッターにアップした動画には、目出し帽を被った全身黒づくめの男性が無言で店内に陳列された商品を次々と手で叩き落とし、床一面に散らばった商品を踏みつけ、店の看板を蹴り倒す一部始終が映っていた。

取り押さえようとする警備員と、田中信吾容疑者(左奥) 提供:@flowerbomb__12さん

 12月6日、事件は多くの女性や子連れ客がいる白昼に起きた。現場は、札幌市内にあるイオンモール札幌発寒店の1階フロアにある紅茶専門店「LUPICIA」。事件を目撃した女性が証言する。

1階から女性の悲鳴が…

「事件が起こる数分前にお店の前を通ったのですが、その時は何も異変はなく、犯人らしき人の姿もありませんでした。エスカレーターで2階に上がった2~3分後、『キャー』とか『ワァー』という女性の悲鳴が突然聞こえたんです。何だろうと思って吹き抜けから1階を見下ろすと、紅茶店で全身黒ずくめの人が無言で店内の物をひたすら壊し始めていました。隣の店には手を出す様子もなく、無心で手当たり次第に壊している感じでした」

店の看板を蹴る田中容疑者 提供:@flowerbomb__12さん

 黒づくめの男はなぜか周囲には目もくれず、店内に留まりひたすら破壊を続けた。

「ビール瓶のような茶色いガラス瓶を持っていたのが見えました。犯人は中肉中背の男性で、黒いズボンに黒いトレーナーのようなものを着て、黒い手袋に黒い目出し帽で全身が真っ黒。紅茶屋の店員さんはお客さんに『逃げてください、逃げてください』と、必死に誘導していました。近隣店舗からも店員さんが出てきて、同じようにお客さんを懸命に誘導していました」(同前)