昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

眠るたびにタイムリープを繰り返し…シンクロする2人の女性の“恐怖” 「ラストナイト・イン・ソーホー」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

ファッション・デザイナーを目指すエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)は、ロンドンのデザイン学校に入学し、ソーホー地区の古いアパートで一人暮らしを始める。新居で眠りにつくと、エロイーズは憧れの60年代ソーホーにいた。そこで歌手を目指す魅惑的なサンディ(アニャ・テイラー=ジョイ)に出会い、彼女と身体や感覚がシンクロするようになる。眠るたびにタイムリープを繰り返していたある日、夢の中でサンディが殺される場面を目撃し、その日から現実で謎の亡霊たちに付き纏われる。極限状態に追い込まれながらも、サンディを殺した人物が生きている可能性に気付き、事件の真相を探り始める。

〈解説〉

60年代と現代のソーホーで、夢を抱く二人の女性の恐怖がシンクロしていくサイコホラー。監督は『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト。118分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆60年代音楽は優しく愉しいが、話は少女マンガ風。夢と現実の混乱が妙にわびしく感じられる。T・スタンプの登場が救い。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★★60年代ロンドンに寄せる監督の幻想が当時撮られたB級映画への偏愛と共鳴する。微熱にうるむネオンの陰に魔が潜む。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆オープニングからドキドキの演出。使用楽曲、60年代の街の光景、美しい車、物語に潜む闇と不気味さ、全てが魅力的。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆「ハリウッド・バビロン」的なロンドンの闇が渦巻く上京女子の地獄巡り。60sの幻影の扱い方も見事な眩惑サイコホラー。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★★ネオンと鏡の狂乱の世界!古典味なのに新機軸なサイコスリラー。スウィンギング60'sのソーホーを再現した美術に陶酔。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

『ラストナイト・イン・ソーホー』(英)
12月10日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
https://lnis.jp/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー