昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「現代の女性が60年代の女性を救おうとしたら?」エドガー・ライトが描きたかった、ロンドンの“闇の底”

『ラストナイト・イン・ソーホー』エドガー・ライト(映画監督)インタビュー

2021/11/30

『ラストナイト・イン・ソーホー』は、『ショーン・オブ・ザ・デッド』(04年)『ベイビー・ドライバー』(17年)などのエドガー・ライト監督にとって初めてのホラー映画。同時にミュージカルであり、一種のタイムトラベル物であり、青春映画でもある。

エドガー・ライト監督(左) ©️2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

60年代のロンドンに憧れる少女

 オープニング・タイトルに流れるのは1964年のヒット曲、ピーターとゴードンの「愛なき世界」。そのレコードをかけて、ヒロインのエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)が踊る。彼女は60年代のロンドンに憧れる少女。もちろん彼女は2000年代生まれだが、おばあちゃんが集めた60年代ブリティッシュ・ポップスのレコード・コレクションを聴いて育った。

「僕と同じだよ」

 エドガー・ライトは言う。

「僕は1974年生まれなのに、子どもの頃から1960年代に夢中だった。両親が持っていた60年代ポップスのレコードを聴いて育ったから、60年代が恋しくてたまらなくなったのさ。いつも、あの時代を経験できなくてくやしい思いを抱えてた。とにかくあの時代の音楽が大好きだから」

©️2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

 20歳になったエロイーズはロンドンのファッション・デザイン学校の寮に入るが、内気なので友達に溶け込めない。独りでアパートを借りて、そこで眠ると、夢の中で1965年にその部屋に住んでいた歌手志望の、行動的な女性サンディ(アニャ・テイラー゠ジョイ)と一体化する。そして、憧れの60年代のロンドンに歩き出していく。

「僕も20歳の頃、田舎からロンドンに出てきた。素晴らしい経験だった」エドガー・ライトは言う。

 60年代のロンドンは「スウィンギン・ロンドン」と呼ばれ、世界のファッションと音楽と文化の震源地だった。ミニスカートやビートルズがここから世界に広がった。伝統に縛られてきた保守的な国イギリスが、ポップ・カルチャー革命を先導した。