昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ブリトニー・スピアーズを12年間も奴隷にした成年後見人制度《60億円稼いだといわれるスーパースターが「私はまるで売春婦です」》

『アメリカ人の4人に1人はトランプが大統領だと信じている』より#2

2021/11/07

source : 週刊文春出版部

genre : エンタメ, 音楽, 読書, ライフスタイル

 2020年、第45代大統領であったドナルド・トランプは大統領選に落選し、2021年1月にジョー・バイデンが大統領となりました。希望の再スタートかと思いきや、選挙から半年が経った5月24日にロイターが発表した世論調査によると、アメリカ人の25%が大統領選挙には不正があったと信じています。

 そんな大混乱の中にあるアメリカを、現地に住む町山智浩氏がレポートし、まとめたのが、『アメリカ人の4人に1人はトランプが大統領だと信じている』(文藝春秋)です。同書より一部抜粋して、アメリカの今を紹介します。(全2回の2回目/前編を読む)

◆◆◆

2020年だけで60億円稼いだといわれるスーパースター

「Free Britney(ブリトニーを自由に)!」

 このスローガンがアメリカ中を飛び交っている。ポップ歌手ブリトニー・スピアーズ(39歳)を成年後見人制度から解放してあげよう、という運動。彼女は2008年から12年間にわたって父親ジェイミーが後見人となり、彼女の財産(銀行口座、クレジットカード、仕事の契約)を管理するだけでなく、連絡や移動、交際など生活のすべてを監視していた。

 だが去年、ブリトニーは父親が後見人を務めることからの解放を求めて裁判を起こした。6月に法廷に立った彼女は「私はまるで売春婦です」「私にも自分の人生を生きる権利があります」と訴えた。

 2020年だけで60億円稼いだといわれるスーパースターがなぜ、自分で買い物ひとつできない事態になってしまったのか?

©iStock.com

全米で少女たちがブリトニーのマネをしてへそ出し

 ブリトニーは1981年に生まれ、ルイジアナ州ケントウッドという平均世帯年収2万4千ドル、貧困率37.6%の田舎町で育った。父ジェイミーは溶接工に始まり、製油所の労働者、工務店、調理人など職を転々とし、リラクサロンを開いて失敗し、破産した。だが、娘ブリトニーは天才だった。幼い頃から教会で賛美歌を歌い、10歳でテレビに出演。14歳でディズニーの子ども向けバラエティ番組『ミッキーマウス・クラブ』のレギュラーになり、1998年、16歳でCDデビューした。