昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小泉進次郎×福田達夫「小泉家って親子の会話もワンフレーズなんですか?」

田﨑史郎『小泉進次郎と福田達夫』から父のこと、家族のことを公開

2017/12/02

小泉家って親子の会話もワンフレーズなんですか

福田 うちはとにかく会話がない。そうそう、部会長(小泉氏。当時自民党農林部会長)にぜひ聞きたかったんですが、小泉家って親子の会話もワンフレーズなんですか。

小泉 そりゃね、ワンフレーズじゃ済まないよね。僕ら親子の関係は、一般の社会人の親子関係よりも、むしろ会う回数が相当多いんじゃないかなって思いますよ。

福田 物理的によく会うの?

小泉 いっしょに飯食うし、昨日もいっしょに夜、他の会食の後に落ち合って酒飲んだし。

福田 ハァー、福田家ではまったくあり得ないこと。

小泉 あり得ない?

福田 あり得ない、あり得ない。小泉家はそういう場で、ちゃんとじっくり話すんだ?

小泉 「おまえ、誕生日だっただろ。空いてるときないのか」って電話がかかってきて、「ちょっと会食いっぱい詰まってるから、会食のあとだと十時超えてちょっと遅いけど」と言ったら、「いいよ、何時でも」って感じ。達夫さんはない?

福田家って、血の気がメチャクチャ多くて、すごくケンカっ早い

福田 まったく違う。まったくない(笑)。うちは常日頃から家族間の関係が淡泊な家なんです。ただ、なんとなくみんな察する時期があって、何かがあるなあと思うと、自然に集まっている。

小泉 皆さん来られる?

福田 自然に、親父の家に集まる。僕、首相秘書官だった一年間で、親父とたぶんその前の四十年間よりも多くしゃべりました。親父とは、ふた言以上しゃべると喧嘩になるから(笑)。

小泉 意外だな。

福田 福田家って、血の気がメチャクチャ多くて、すごくケンカっ早い。家系的にそう。それを理性で押しつぶして、持続のエネルギーに変える家なんです。それが家族同士になると素が出ちゃうんで、あっという間にケンカになりますよ、うちは。