昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「令和の大泥棒」に判決 驚きの“4つのおきて”守り、8年間逮捕されず…被害総額5000万円超【福岡発】

source : 提携メディア

genre : ニュース

 

被害総額5,000万円以上。「令和の大泥棒」に判決が言い渡された。
なぜ男は、10年近くも逮捕されず、金品を盗み続けることができたのか。
そこには、男が独自に作り上げた驚きのおきてがあった。

「令和の大泥棒」満井典彦被告

被害総額5000万円以上 大泥棒に判決

12月7日、福岡地方裁判所飯塚支部。

福岡地方裁判所 飯塚支部

窃盗など罪に問われている、飯塚市の無職・満井典彦被告(41)に判決が言い渡された。

裁判官:
被告に懲役2年6カ月を言い渡す

捜査関係者などによると、満井被告は2013年から空き巣に手を染め、2021年6月に逮捕されるまでの約8年間にわたり、福岡・飯塚市や宮若市の民家などで盗みを繰り返していた。

満井被告が関与した空き巣事件は、判明しているだけで243件。その被害総額は5,000万円を超えている。

被害総額は5,000万円を超えている

空き巣に手を染めた理由とは

裁判で満井被告は、空き巣に手を染めた理由をこう語った。

検察側:
なぜ盗んだ?

満井被告:
仕事をすると、給料をもらうまでに時間がかかったから。今すぐ必要で欲しかったから

満井被告が空き巣に手を染めた理由

飯塚市内で、家族5人で暮らしていた満井被告。

満井被告を知る人:
良か車に乗ってるやないですか。黒いワンボックス。お金があるんだなと思って

満井被告を知る人

捜査関係者によると、満井被告は8年間、仕事は一切せず、家族の生活費が必要になると空き巣に入っていたという。
そして盗んだ金などは、出どころをくわしく説明しないまま妻に渡し、満井被告は何不自由ない暮らしを続けていたということだ。

妻にはお金の出どころについて話さなかったという

まさに“プロの空き巣”。
しかし、どうやって8年間も警察に捕まることなく空き巣を続けられたのか。

空き巣の「おきて」

捜査関係者によると、満井被告には主な4つのおきてがあった。

1つ、防犯カメラのない家を狙う。
2つ、留守の家を狙う。
3つ、靴を脱いで、室内を荒らさない。
4つ、庭がきれいな家を狙う。

満井被告が空き巣をする際の「おきて」

庭がきれいな家を狙う理由について、満井被告は「家の人がきちょうめんだから、家の中が整理されている」「お金が見つけやすい」と話しているという。