昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/12/24

 1994年にフジテレビの『ゴールデン洋画劇場』以来13回目となるが、実はクリスマスイブに放映されたことは過去に一度もなく、今年が初めてのクリスマスイブ放映となる。

 また、本作はポーランドでも人気で、テレビでは毎年クリスマスに『ホーム・アローン』が放映されるのが恒例となっている。昨年(2020年)のクリスマスイブ放映では450万人が視聴、翌25日のリピート放送では200万人もの人々が視聴したという。

 2010年にはクリスマスの番組表に『ホーム・アローン』がなかったことでFacebookを通じて9万人もの人々がテレビ局に抗議。急遽クリスマスに放送されることになったこともある。

 今年のクリスマスイブも当然放送されるが、『ホーム・アローン』がテレビ放映されることが無事(?)決定した際に〈ホーム・アローンは見られるのか?〉とネットニュースとなっていた。

 ちなみに、あまり知られていないが、本作は3作目から主演を代えてパート5まで作られ、Disney+ではリブート版である『ホーム・スイート・ホーム・アローン』が配信されている。

そんなマコーレー・カルキンの現在が気になる方へ。実は…

2021年11月、ハリウッド大通りで行われたグッチの「Gucci Love Parade」ショーにサプライズで登場した41歳のマコーレー・カルキン。2021年には「裕福な家庭に盗みに入る」役も ©AFLO

 当時最も成功した子役となり「世界一有名な子役」としてギネスブックにも認定されたマコーレー・カルキンは、本作とパート2に出演以降、1994年の『リッチー・リッチ』の主演を務めた以外は目立った役柄を演じることはなかった。

 しかし、2021年『アメリカン・ホラー・ストーリー 』第10シーズンとなる『American Horror Story: Double Feature』のRed Tide第3話に出演し、メディアからは高い評価を得ている。

 本作でカルキンが演じたのは、なんと裕福な家庭に盗みに入る男の役。『ホーム・アローン』のイメージから脱却できたのか、縛られたままなのかわからないが、新生マコーレー・カルキンにも注目していきたい。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー