昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/12/21

野党時代の菅氏はキレッキレだった

 菅氏のブログにはまだあった。2010年5月の投稿。資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反に関連し、小沢一郎・元民主党代表の説明責任を追及。

《潔白を主張するならば、偽証罪を問われる証人喚問に応え、公開の場で説明すべきです》 

 このあと菅官房長官時代には「桜を見る会」をめぐって、野党が安倍晋三前首相の証人喚問を求めて同じように追及していたのだが菅氏はスルー。いずれにしても野党時代の菅氏はキレッキレで最高だった。当時の菅氏のブログは「与党への批判ばかり」なのだが、野党は批判するのが大事な仕事の一つと思わせてくれる。

菅義偉 ©文藝春秋

安倍元首相は118回も虚偽答弁

 菅氏の野党時代が終わり、約9年間の安倍・菅政権になるとギョッとしたことがとにかく多すぎた。安倍晋三元首相は「桜を見る会」前夜祭に関する疑惑を巡って虚偽答弁を118回もしていた。森友問題では公文書改ざん。菅前首相は日本学術会議からはじまり五輪、コロナ対策までろくな説明、発信をしなかった。

 ところが最近聞こえてくるのは「野党は批判ばかり」。

 立憲民主党の泉代表は「野党は批判ばかり」という印象操作にまんまとハマってしまったように見える。少しは野党時代の菅氏を見習ったらいかがだろうか。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー