昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『おかえりモネ』に出演キンプリ・永瀬廉はお茶の間の人気者になれるか?

 そして、King & Prince が国民的アイドルになれるかどうかの試金石になるのは永瀬廉だ。永瀬は現在、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』にヒロイン・百音(清原果耶)の幼馴染「りょーちん」として出演している。前述したように、朝ドラはお茶の間の知名度を上げるための“王道コース”だ。

King&Prince の永瀬廉(Johnny’s netより)

 永瀬は、スタイルの良さと整った顔立ちから、かつては「一般ウケしそう」と期待されていた。しかしフタを開けてみると、ドラマ『信長のシェフ』(テレビ朝日系・2013年)で演じた森蘭丸役で「無礼者!」の舌足らずぶりがネット上でネタにされたり、「ジャニーズ大運動会2017」で、髪型を気にして野球のキャップをちゃんと深くかぶらないことが一部ジャニーズファンに叩かれたりしたこともあった。

 また、ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系・2019年)では連ドラほぼ初出演だった後輩の関西ジャニーズJr.「なにわ男子」の長尾謙杜に高い評価が集まり、“持って行かれてしまった感”もある。連ドラ出演も平野のようにバラエティで爪痕を残すこともまだまだ少ないためか、一般知名度はいまだ高くはない。

 しかし、最近では主演した映画『弱虫ペダル』で、オタクヘア+メガネ姿で熱演。あれほど髪型を気にしていた過去を思うと、並々ならぬ覚悟が感じられたが、その甲斐あってか2021年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。さらにNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』では、清原果耶演じる主人公・百音の幼馴染で、仲間内でも震災の傷を最も深く負った親子を、父親役・浅野忠信に懸命に食らいつき、繊細に演じている。

King&Princeのデビューシングル「シンデレラガール」

 器用でスター性のある平野に続き、不器用な努力家である永瀬が朝ドラで人気者になれるかどうかが、King & Princeの国民的アイドルグループへの鍵だ。果たしてKing & Princeは、絶滅しかかった「お茶の間人気の高い一般ウケジャニーズ」になれるのだろうか。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

2021年 ジャニーズ部門 BEST5

1位:兄の人気を利用してる? キンプリ平野紫耀の弟が“1万円写真集”発売 ジャニーズ事務所に聞いてみると…
https://bunshun.jp/articles/-/50990

2位:「飯食いに行くぞ」…木村拓哉が岡本健一を今でも慕う理由は「SMAP時代の“イジメ事件”」
https://bunshun.jp/articles/-/50989

3位:《タッキー政権の失策》ジャニーズから国民的アイドルが絶滅した本当の理由「キンプリ平野&永瀬がカギを握っている」
https://bunshun.jp/articles/-/50988

4位:「私はジュリーを残します。自分の子だから」 ジャニーズ事務所会議室内で起きた、メリーさんの“5時間説教”と“公開粛清”
https://bunshun.jp/articles/-/50987

5位:テレビ局がジャニーズより恐れるもの…「ドラゴン桜」山下智久“声だけ出演” 収録が“最終回放送前夜”だった理由
https://bunshun.jp/articles/-/50986

この記事の写真(22枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事