昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

気づいたら三四郎の小宮君のマネを反復してた

―― モノマネをする方の選び方の基準っていうのはあるんですか。

ホリ まず好きだというのはありますね。嫌いな奴だったら体に入れたくないですもん。

―― 「体に入れる」って感覚なんですね。

ホリ そう。基本好きとか、面白いとか、いいなって思わないとやらないですよね。あと、基準は何パターンかあります。感覚的に、あっこの人似てるなとか、似てるかも、似せられるかもっていうパターンと、勝手にやってるというパターン。テレビ観て、気づいたらやってる。なんか反復してる。それが一番いいネタができますね。あとはやっぱり旬な人ですね。逆にこれ今誰もやってないなっていうのでやるとか。

 

―― 気づいたら反復してた方だと、たとえばどなたですか?

ホリ 三四郎の小宮君とかみやぞん君って、今が旬の人でもあるけど、テレビ観てて、「(小宮のモノマネで)あぁよろしくおねがいしましゅ。はーいどうぞー」って、なんかそのままやってましたね。「(小宮のモノマネで)はい、よろしくどうじょ、おねがいしましゅ、はい」「なじぇ、なじぇ?」「はい」って。なんかなんとなくなんか入ってくるというか、勝手にやってた。木村さんとかもそうですよ、気づいたらやってた。

―― 木村さんご本人から何か言われたりとかしましたか?

ホリ まだお会いしたことないですよ。お会いしたらどうしていいかわかんないです(笑)。

TOKIOの城島さんが「ホリさんに代わってぇ」って言ってくれた

―― マネされてる方って、ご本人に会うとどういう気持ちになるんですか。

ホリ やっぱり目上の人の場合とか、明らかに年齢も芸歴も上の人の場合とかは、「すいません、やらせていただいてたんですけれども……」という感じですね、向こうも逆に喜んでくれるっていう、なんかそういうあったかい世の中になったのでよかったですね。僕なんかが言うのはあれですけど、「おいしい」と思ってくれてる人もいるじゃないですか。

 

―― マネしてる方から言われて嬉しかった言葉とかありますか。

ホリ 城島さんが、『24時間テレビ』で走ってたじゃないですか。それで僕はその時、新潟の『24時間テレビ』の会場にいたんですよ。で、朝テレビをつけたら城島さんがちょうど休憩しているところが中継されてて、「ホリさんに代わってぇ」って言ってたんですよね。それは嬉しかったですね。

―― いい話!(笑)

ホリ 僕がテレビつけた時にちょうど言ってたから、「おぉぉ~~!」て。もう超嬉しかった。

―― たしかに。いないところで、ですもんね。

ホリ でもみなさん「どんどんやっていいよ」って言ってくれます。武田さんとかもご一緒したこともちろん何度もあるんですけど。この前も『ダウンタウンDX』で、僕とコロッケさんとコージー(冨田)さんと武田さんのモノマネやって、ご本人が登場して歌う。でも「どうですか? マネされて」って言ったら、「うん、ただただ怒りですね」って言って。