昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《総再生回数5300万越え》ゲーム実況界の超人気ストリーマー・はつめに聞く「なんでそんなにガチなんですか?」

はつめさんインタビュー

 近年、熱い盛り上がりを見せる「ゲーム実況」。自らがゲームをプレイする様子を中継するという「実況」だが、最近はVTuberや芸能人が次々と新規参入し、界隈のストリーマーの数はすでに飽和状態。熾烈な視聴者争奪戦が繰り広げられている。

 そんな世界で、圧倒的人気を誇る女性実況者がいる。それが、はつめさんだ。じつは彼女「元格闘ゲーム系プロゲーマー」という経歴を持つ稀有な存在。その“ガチ”のゲームプレイで、他の女性ストリーマーとは一線を画す存在となっているという。

◆ ◆ ◆

深夜ラジオ的なゲーム実況!?

――女性プロゲーマーからストリーマー(ゲーム実況者)という経歴を持つはつめさんですが、動画投稿を始めようと思った経緯は?

はつめ もともとプロ時代に所属していたチーム『父ノ背中』の方針で、メンバー全員がYouTubeチャンネルを持っていたんです。その時から動画を月1、2本くらいのペースではアップしていました。ただ当時、世間的には、プロがチャンネルを持つのはタブーというか“真剣にゲームをやれ”って風潮が強かったんです。私のチームがちょっと異色だったんですよね(笑)。個人的にもプロの間はユーチューバーすぎることはしたくないと思っていたので、海外大会のⅤログなどを中心に投稿していました。

はつめさん 撮影:志水隆

――動画の方針やコンセプトは?

はつめ 普通は、実況動画を撮影する前に出演者同士で企画やセリフを考えるパターンが多いんですけど、私たちの周囲はトークメインで、基本的に成り行きです(笑)。私自身も、深夜ラジオのようなノリが好きなので、ゲームをしながら話す雑談をおもしろく編集して仕上げている形ですね。

――はつめさんはいわゆる“姫プレイ”ではなく“ガチンコ”だから人気を得ているようにも思います。