昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

オリックス山本由伸が年俸3億円より欲しい“メジャー移籍の条件”とは?

 プロ野球投手最高の栄誉、沢村賞を受賞したオリックスの山本由伸(23)。最多勝や最優秀防御率など「投手4冠」も獲得し、パ・リーグ制覇の立役者となった。

「オフの契約更改で球団は年俸1億5000万円の倍額以上を提示する方針。球団最速の3億円突破で満面の笑みが見られると思ったが、昨年末は球団事務所に姿を現さなかった」(番記者)

 結局、契約更改は越年することに。球団側は「スケジュールが詰まっていて日が取れなかった」と説明したが、番記者は「代理人を入れて交渉しており、年俸よりも大リーグ移籍への条件闘争をしている」と語る。

「以前から山本はメジャー行きを熱望。球団側は『優勝してから相談しよう』とお茶を濁していた」(同前)

昨年5月から15連勝中の山本 ©共同通信社

 ところが優勝が現実のものとなり、ある球団幹部は「もう逃げられへん。今後は具体的な話をせざるを得ない」と白旗を上げている。

 岡山出身の山本は宮崎・都城高を経て、16年のドラフト4位で入団。プロ4年間で21勝だったが、21年に飛躍を遂げた。

「150キロを超える速球を完璧にコントロールし、フォークなど変化球のキレも抜群。メジャースカウトからは、前田健太をさらに進化させた投手と評価されている」(メジャー担当記者)