昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「上半身と下半身がバラバラで」…“8歳児ひき逃げボート”裁判 義足の母がセレブ社長被告に言いたかったこと

 福島県会津若松市の猪苗代湖で20年9月6日、男児らがモーターボートに巻き込まれ死傷した事故。業務上過失致死傷罪に問われた佐藤剛被告(44)の初公判が昨年12月27日、福島地裁で行われた。

「ボートの特定が難航したこともあり、県警が逮捕したのは、1年余りが経った昨年9月14日のことでした。佐藤は安全確認を怠ったまま、自らが所有するボートを時速15~20キロの速度で操縦していた。ライフジャケットを着て湖面に浮かんでいた千葉県野田市の豊田瑛大君(当時8)に衝突して死亡させたほか、母親の両足を切断するなど2人に重傷を負わせたのです」(社会部記者)

猪苗代湖 ※写真はイメージ ©iStock.com

 24歳の時、いわき市で土木会社「佐藤剛建」を立ち上げた佐藤。震災復興や外国人あっせんなどで急成長し、ピーク時の売上高は7億円に及ぶ。他方、私生活では結婚と離婚を重ね、銀座のクラブに通う日々。交友関係も派手で、手越祐也や中田翔らとの2ショット写真の存在も報じられた。

「佐藤は当初、取り調べに『身に覚えがない』と否認していましたが、別のボートを操縦していた佐藤の知人らが捜査に協力したことで、事故の事実は争えないと観念したようです」(同前)

 初公判には上下黒のスーツ、白のワイシャツ、以前よりふっくらした姿で現れた佐藤。冒頭で「被害者の方とご遺族にお詫び申し上げます」と謝罪した。一方で「操縦時、前方や左右は注意深く見ていましたが、被害者が浮いていたのは全く見えませんでした」と過失を否認。さらに「どうしたら発見できたのか、実験などで見つめ直せればと思います」と述べた。