昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

本田翼、中田敦彦、カジサック…本当に人気がある「芸能人YouTubeチャンネル」は?《独自ランキング発表》

 コロナ禍を受けて一気に芸能界に広まったYouTube。さて、どの芸能人が真の優秀なチャンネルを運営しているといえるのか? チャンネル登録者数をはじめ一般に公開されている数字から計算して、「エンタ!」独自の目線でいくつかのランキングに集計してみよう。

 なお、MVが何回も繰り返し視聴されるミュージシャンや、有名になった経緯がYouTubeなどのSNSだったりインフルエンサー的な人物は、単純な比較ができないため除外している。※数字はすべて2021年12月12日現在。

チャンネル登録者数部門

5位:佐藤健(佐藤 健)→222万人

4位:梶原雄太(カジサック)→231万人

3位:江頭2:50(エガちゃんねる)→264万人

2位:二宮和也(ジャにのちゃんねる)→289万人

1位:中田敦彦(中田敦彦のYouTube大学)→421万人

中田敦彦 ©時事通信社

 一番よく比較として出される数字。2位以下は総じて200万人台なのに対し、オリエンタルラジオ中田は一人だけ400万人台と、他をダブルスコア近く差をつけて圧倒しているように見える。しかし、この数字だけでは実態はよく見えてこない。

総視聴回数部門

5位:霜降り明星(しもふりチューブ)→5億0470万回

4位:花江夏樹(花江夏樹)→6億1527万回

3位:ジャルジャル(ジャルジャルタワー)→7億2777万回

2位:中田敦彦(中田敦彦のYouTube大学)→9億0339万回

1位:梶原雄太(カジサック)→12億5933万回

梶原雄太 ©AFLO

 投稿されている動画すべてを足し合わせた再生回数なので、YouTube歴が長く動画本数が多いほうが有利。キングコング梶原(1168日)が中田(968日)をぶっちぎって、ジャルジャル(2599日)も中田に肉薄。そして『鬼滅の刃』の炭治郎役を務めた声優、花江夏樹(1100日)がそれに続く。