昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「希林さんは死にゆく姿も全部見せてくれた」浅田美代子が寄り添った“亡くなる最後の1カ月”〈体中に刺さった管を…〉

source : 文藝春秋 2022年1月号

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

 1月15日は、樹木希林さん(1943~2018)の誕生日。女優の浅田美代子氏は、16歳の時に受けたドラマ「時間ですよ」(TBS系)のオーディションで、樹木さんと初めて知り合った。以来、40年以上にわたり親子、姉妹、親友のような関係を続けてきた。(「文藝春秋」2022年1月号より)

◆ ◆ ◆

「専業主婦をやれたら何でもできるよ」

 希林さんの最初の印象は怖そうだし面倒くさそうな人。でも、それ以上に面白そうな人だな、って思いましたね。当時のテレビドラマは週5日間かけて撮っていましたから、家族よりも共演者といる時間が長かったんです。自然と希林さんとの距離も近くなり、撮影前に誘われて、赤坂のホテルで朝からビュッフェで食事したりしましたね。

樹木希林さん ©共同通信社

 次の「寺内貫太郎一家」でも希林さんと共演することになって、デビューから3年間はずっと一緒でした。21歳で、私が歌手の吉田拓郎さんと結婚する時には両親から大反対を受けたのですが、最後は希林さんが私の家に来て直接母に「結婚は本人の自由ですから」って説得をしてくれたんです。「専業主婦をやれたら何でもできるよ」って、結婚を機に芸能界を引退することに悩んでいた私の背中を押してくれました。結婚後は私に芸能界を思い出させまいと気を使ってくれたのか、約7年間は私をご飯に誘いませんでしたね。