昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

49歳になった深津絵里が“10代のヒロイン”を演じても、違和感がない「2つの理由」《朝ドラ『カムカムエヴリバディ』出演》

1月11日は俳優・深津絵里の誕生日

2022/01/11

 3世代の女性たちを描くNHKの連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』では、昨年の12月22日放送回の終わりがけ、2人目のヒロインである雉真るいが登場した。演じるのは、きょう1月11日に49歳の誕生日を迎えた深津絵里である。

深津絵里 ©AFLO

 深津が登場したのはちょうどクリスマスシーズンとあって、どうしても33年前のあのCMを思い出さずにいられなかった。それは、彼女が1988年に出演したJR東海のCM「ホームタウンエクスプレス X'mas編」だ。のちに「クリスマス・エクスプレス」の名称で、1992年まで毎年女優を変えながら放送されたシリーズCMの第1弾である。

芸能界入りのきっかけは「原宿」

 当時、彼女は15歳。CMでは、ショートカットに真っ赤な口紅をつけた少女が、駅のホームで1人、彼氏を待ち続ける様子を演じた。セリフはなく、涙を流したりふてくされたりと、表情だけで心情を表したその演技は、いま見ても鮮烈だ。

 深津はこの年、映画『1999年の夏休み』で俳優デビューしていた。芸能界入りのきっかけは、中学時代に原宿音楽祭というコンテストで優勝したことだ。大分で生まれ育った彼女は、東京の若者の街である原宿に憧れていた。コンテストに応募したのも、最終審査まで残れば原宿に行けるからで、芸能人になりたかったわけではないという。