昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/15

羽生選手が呟いた忘れられない言葉

 CGを見ながらそれを聞いた羽生選手は

「そうなんですね。17センチって、数字だとそんなに高く!って思うんですけど、実際に(CG写真を)見ると髪の毛ぐらいですよね。ははは、あははは(笑)」

 と、とても楽しそう。

 何回かインタビューしてきた中で、いつも感じるのは羽生選手の「崖っぷち好き」なところだ。彼はいつも言う。

羽生選手と筆者

「凄く高い目標をつくるんです。もう本当に指先が掛かるか掛からないくらいの目標。ジャンプして指先が掛かるか掛からないくらいのところに目標をおいてくらいついていく。そうやってがんばってきました」

 助走の速さというのは、つまりは力。その力があればあるほど、高さも着氷までの幅も出しやすい。ただ、その力をしっかりコントロールしないと、軸がぶれて後ろや前に倒れてしまう。そういった意味では、かなりの力で跳ぶ必要のある4回転アクセルは本当に難しいジャンプであることが数字でよく理解できた、と感想を話してくれた羽生選手。そして、その後に彼が呟いた言葉が、私の忘れられない言葉となった。

「でも、なんかできる気がしてきました(笑)」

©JMPA

見据えるのは「自分の限界と理想のもっと先」

 幼い頃の羽生選手を指導した都築章一郎コーチは言う。

「彼の場合、想像力が非常に強い子でした。自分がこういう想像をすると本当にそのように、身体が行っちゃうんですよね。ですから彼が想像できると本当にそこに行っちゃう。イメージっていうものをものすごい大事にする子なんです」

 5年前に「4回転半のイメージができました」と笑顔で語った羽生選手だが、その後、どれだけリンクに身体を打ち付け、傷を負い、それでも立ち上がって、崖っぷちを這い上がってきたのか。その努力は想像を超えている。そして、それを心から楽しいと思える羽生選手だけしか見ることのできない前人未踏の世界がある。

©JMPA

 番組の最後、自分が大切にしている言葉を彼はフリップにこう書いた。

「理想の先へ!」

「完成形」に近づいたと感じてる今、見据えるのは「自分の限界と理想のもっと先」と語った羽生選手。北京オリンピックでの挑戦を期待している。

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー